見た目と省電力化を目的に念願のテールランプのLED化を実行することにしました。
テールランプが丸いのでどうせやるならスカイラインの用に常時点灯時は外側がのみでブレーキ時には全点灯といった感じにしてみたかったのスカイライン仕様でチャレンジする事にしました。
パーツの調達は”
しまりす堂”さんで購入することにしました。


使用パーツは下記のものです。(片側のみの個数ですので制作には2セット必要です。)
赤色LED(Kingbright 赤FluxLED (L-7679C1SEC-H))  20個
抵抗 酸化金属皮膜抵抗 1W 68Ω  5個
    酸化金属皮膜抵抗 1w 510Ω 4個
整流ダイオード   3個
片面ガラスエポキシ・ユニバーサル基板 Cタイプ(72x48mm) 1枚(これは頂き物)
口金 BAY15D  1個
細いケーブル  少々
収縮チューブ  少々
シルバー塗料(スプレータイプ)  1缶
ホットボンド

まずはテールランプをバラして中の寸法取りをすることに
赤い部分と白い部分は隙間にゴム系のボンドが塗ってあり解体するのに少し手こずりましたが何とか割ることなく解体に成功しました。
円の大きさを測ると直径6.4cmぐらいでした。あと中身の寸法を何カ所か取って下調べ終了

最初、基板とテールランプを重ねて○を下書きしたのですがやっぱり綺麗な円を描けずコンパスも無いのでどうしようか悩んでいてふと見るとノートPCの横に置いてあったエアースプレーの缶が良さそうな大きさをしていたので試しに下書きした汚い円と缶を合わせてみるとなんとビックリ!同じ大きさでした。
と言うことで缶で円を描くことにしました。後はLEDの配置のイメージを掴むためにLEDを基板にはめ込んで確認、ちょうど20個で良い感じに円も描けて良い感じでしたのでこれで決定!

実際にハンダ付け作業を行い前に配線の接続ミスを無くすためとイメージを掴むために製作図面を作ることにしました。
いかんせんスペースが小さいので結構悩みました。
あと抵抗、ダイオードを出来るだけ端っこにやりたかったので画像で言うところの上の方に集中させてみました。

片側だけ丸くカットして反射を少しでも良くするためにダイソーでシルバーのスプレーを買ってきて塗装してそれが終わったらもう一度LEDの取り付けて確認をすると中々様になってきているような
ちなみにシルバー塗装は導通が無いかを念のため確認してみたらやっぱりありませんでした。
いざハンダ付けをすることにしましたがやはり小さいのでかなり苦労しました。
始めに右側のやつを制作図面を元にやってみましたがこれが難しく思った以上に抵抗が大きかったので1W抵抗にするんじゃなかったと思いながら図面と少し違いますが右側をようやく完成!
今度は左側をやってみることに右側の教訓を生かして少し配廻しを変更してハンダ付けをすることでかなり楽になりました。
結果、左右で配線の取り回しが違いますが裏は見えないか言い聞かせて動作チェックをすることに
常時点灯時は外の○だけが光って、ストップ時は真ん中も光る用になりました。
素人にしては中々うまく行ったので満足なのですが何故か左だけ少し暗いです。何故なんだろう・・・

防水のためにホットボンドを全面に塗ってみました。
実際、テールランプにハメ合わせてみると大きさはバッチリだったのですがそのまま付けるとかなり斜めになってしまうので良い具合になるように下の部分には足を付けてみました。
ちょうど良い感じの黄色のエアー配管が有ったのでこれをカットしてホットボンドで固定することにしたました。
中々良い感じにはなったのですが取って付けたような感じになってしまいましたがこの部分は表から見えないので良しとしました。

次に口金作りをこれは至って簡単でした。
ただ、メッキ線をハンダ付けして中をホットボンドで埋めるだけの作業なのですが素手で持っていたので結構熱い思いをしました。(^^ゞ
口金と配線をハンダ付けしてテールランプと作ったLED基板をハメ込んで仕上げのホットボンドを外れないようにしっかりと塗って完了!

テールランプを組み立ててカバーを載せてみて最後の動作確認を左が常時点灯状態(テール)、右がブレーキ時(ストップ)です。
写真だとちょっとわかりにくいですが直接見た感じでは良い感じです。
あとはバイク本体に取り付けるのみとなりました。
交換前のテールランプです。(バルブタイプ)
LEDに比べ消費電力が大きい割に少しくらいです。
昼の状態を取るのを忘れてました。。(^^ゞ

LEDテールへ換装された状態です。
昼間はだとちょっとわかりにくいですがまぁ〜光ってるからイイかなぁ〜って感じでしたが
夜はかなり明るく光ってます。しかも良い感じに外だけ光ってブレーキ時には真ん中も光ります。
これはかなり満足してます。これを機に今度はインプをやっていきたいと思います。



                               
128091