会期 : 2007 10/29 mon. 11/10 sat.  
     開廊時間 10:00ー18:00 土曜・最終日は16:00まで / 日曜休館 / 入場無料

会場 : 大 阪 府 立 現 代 美 術 セ ン タ ー / 展示室 A・B

 




 オランダの医学書「ターヘル・アナトミア」を手にした前野良沢が、実際に腑分けに立ち会って、その真実を確認したときの驚きは、相当なものであったに違いありません。そのことが、オランダ語の辞書も無い当時に、困難を極めた翻訳への強い動機付けになり、四年もの歳月をかけて、「解体新書」として結実しました。真実の追究こそが、そのテーマでした。

 現代美術には、多種多様の表現があり、どれが真実だというものはありません。科学における真実の追究とは一線を画しますが、しかしながら、それぞれの美術家が、新しい表現を発見し検証してゆく動機付けには、科学における真実の追究と同様の構図が、読み取れます。

 京都・大阪・奈良・神戸の現代美術を扱う画廊が集まって開催する gallerism展 が、第4回を迎えました。今回私たちは、展覧会に
「 関西美的解体新書 」というサブタイトルをつけました。それは、美術家と画廊が一緒になって、新しい表現を切り開くさまを比喩している一方、「解体新書」に込められた変革への挑戦を、私たちの問題として取り込んでいきたいという願いが込められています。翻訳が、出版を通じてはじめて社会的効力を持つのと同様に、美術における新しい表現は、画廊という舞台を経て世に放たれます。そのダイナミズムを、この展覧会で、少しでも感じ取っていただければ幸いです。

gallerism 2007 実行委員会 









gallerism 07 出 展 画 廊 / 作 家

アートスペース虹(京都)

天野画廊(大阪)

楓ギャラリー(大阪)

ガレリア・セロ(大阪)

ギャラリーAO(神戸)

ギャルリ ou(大阪)

Gallery OUT of PLACE(奈良)

ギャラリー白(大阪)

Gallery H.O.T(大阪)

ギャラリーマーヤ(高槻)

GALLERY wks.(大阪)

信濃橋画廊(大阪)

番画廊(大阪)

LADS GALLERY(大阪)
 

encore exhibition
 

北川雅光

黄賢秀

竹垣恵子

益村千鶴・椎木かなえ

内藤絹子

山崎由美子

寺田真由美

山内亮

角谷功次

阪本龍哉

Negative/Art vol.4

谷森ゆかり

河邊裕美

坂本実十里
 

瀬戸理恵子
 

平面(鉛筆画)

ブロンズ彫刻・立体

ファイバーアート・壁面

絵画

平面

平面

写真

絵画

絵画

平面

主宰:笹山直規

彫刻

平面

平面
 

インスタレーション
 


◆ 作家についての詳細は、各ギャラリーのサイト等をご覧下さい。


◆ 昨年の gallerism 2006 展の模様はこちらをご覧下さい。

 






関 連 イ ベ ン ト




展評、ブログとご活躍の小吹隆文さんをお迎えして、作品の見所やコンセプトについて出品作家と語らいながらアートを解剖して頂きます。(※ 今回、レセプションパーティはありません。午後6時に閉場)

>>>>>
小吹隆文さんのサイト
勝手にRECOMMEND.............
http://www.recommend.ecnet.jp/
アートのこぶ〆.................
http://www.keyis.jp/weblog/






ひょうたんアーティストの奥田扇久さんをお迎えして、ひょうたん楽団による演奏会を催します。奥田さんは '90年頃からひょうたんの栽培を始め、'95年頃にはそれで楽器を作り、10年前からオーケストラプロジェクトを開始。今はその活動を一旦休止して、ひょうたん栽培や楽器制作、演奏やワークショップと多方面に活躍されています。
今回は、栽培ワークショップから関わったメンバーによる楽団結成、さて、ひょうたんから何が飛び出すか! 乞う御期待です。





>>>>>
奥田扇久さんのblog「ひょうたん日記」
http://blog.kansai.com/hyohyo






近年、文化・芸術の環境が変わりつつあります。

各地方自治体は、指定管理者制度を導入し文化施設の運営を続々と切り替えています。その事が、どのような結果をもたらすかは、どのように評価して、育て関わって行くかにかかっています。まずは、知る事からはじめませんか。わたしたちの文化・芸術のために。


◆指定管理者制度は、地方自治法244条の「公の施設」に関連する制度。行政改革により2003年6月改正、9月施行。各自治体では以後3年の間に、この趣旨に沿い条例が改正され、文化施設の運営見直しが迫られている。


 第1部  講 演


講演:小林真理 東京大学大学院人文社会系研究科准教授。文化に関する法制度を中心に研究。最近では、国や自治体の文化政策に対して、よりよい政策の企画、立案、執行のありかたについて提言している。



 第2部  パネルディスカッション

 小林真理(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)

 
加藤瑞穂芦屋市立美術博物館学芸員)

 
木ノ下智恵子(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター特任講師)

 
川端嘉人有限会社クリーン・ブラザーズ社長)

 
司会:原 久子(アートプロデューサー、大阪電気通信大学総合情報学部教授)
 










会場へのアクセス



 
● 交通機関
地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅下車、1-A出口方向へ徒歩約3分。京阪電鉄「天満橋」駅下車、東出口から南へ徒歩約12分。

● 駐車場
専用の駐車場はありません。地図上P1ー大阪府第2駐車場、又は地図上、P2ー市営谷町駐車場(地下)をご利用ください。両駐車場とも有料駐車場です


● 大阪府立現代美術センターへは、『パスポートセンター』を目印にお越しください。

● シンポジウムの会場となる『 NS21ビル 』は、『パスポートセンター』の西隣、谷町筋沿いです。
 
 
お問い合わせ先>>>>>

 
大阪府立現代美術センター
 〒540-0008 大阪市中央区大手前 3-1-43 大阪府新別館 tel.06ー4790ー8520
 http://www.osaka-art.jp/
 E-mail info@osaka-art.jp
 





 

(c)Copyright 2007. gallerism All rights reserved.
当サイトの著作権は、gallerism2007実行委員会または著者、作家が有します。
最終更新日:2007.09.02