「垢い山」  野寺摩子 写真展  08. 4 / 14 mon.- 26 sat.
 





『 垢 い 山 』


日常の風景のなかに居座ってしまった“建設残土の山”を追いかけた写真作品。

日々ダンプカーが少しづつ建設残土を運び込み、住宅街と小学校裏手に山をなして、そして居座ってしまった。「垢い山」の麓では、今日も子どもたちは校庭を走り回り、住宅街では同じ日常が繰り返されている。3年、5年、10年と経て、ぬるい時間のなか、「垢い山」は日常にじわじわと溶け込んでいくと同時に人々の意識下に潜り込み、無意識の領域の中で再びその像を結ぶ。あたり前の景色として。

利益優先の社会の中、普段ぬるい日常の時間に浸かっていて気が付かないだけで、有形無形にかかわらず、この残土の山が象徴している現象はどこにでもあり得ることである。更に恐ろしいのは、このような現象がわたしたちの感覚を麻痺させ、もはや何も感じさせなくなってしまうところである。
この山が象徴しているように、"自分さえよければ"という気持ちは誰の心の中にもあるように思う。 この山は形を変えて、大なり小なり規模は違えども、心の中に存在しているのかもしれない。 この山を複雑怪奇な心というものの投影と捉える。

 


























野寺摩子

 NODERA Mako

略   歴

  1991
1996
2004

2005
2006





2007
米国Soddy Daisy 高校卒業
関西学院大学 法学部 政治学科卒業
写真表現大学受講

写真表現大学修了展 大阪/City Gallery
写真表現大学暗室上級グループ展 「a mano a mano」
 大阪/彩都メディア図書館 エキシビションホール
写真表現大学ゼミ1グループ展 「ユビサキカラミラクル」
 大阪/CASO
写真表現大学ゼミ生3人展 「Vacuuuuuuuum!」
 大阪/Early Gallery
Port Gallery T 「Door 2007」 大阪/Port Galley T
 

 

 

home