Skip to main content.
TOP>真空管試験機>真空管試験機の選び方

真空管試験機購入の際のポイント

真空管試験機購入の際のポイントには以下のようなものがあげられます。

・どのタイプの試験機が欲しいか。
 真空管試験機はGm測定型とエミッション測定型に大別されます。
 Gm測定型は真空管に150V以上の高電圧をかけ、グリッドに信号を入力して真空管の良否を判定します。電圧こそ実際の動作環境とは異なりますがプレートに電圧をかけグリッドに信号を入力という真空管本来の使い方でテストを行います。
 これに対しエミッション測定型はどんな真空管も二極管=整流管として動作させカソードエミッションを測定します。
前者の方が正確だけど値段も高いです。
 Gm測定型はヤフーオークションでも現状渡しで最低5万、動作確認済みで6〜7万程度はします。エミッション測定型はノーチェックのちょっと微妙そうなのなら2万以下でも入手可能です。
 Gm測定型の方が本来の真空管の動作に近い状態でテストをするため信頼性は高いですが、通常の良否判定であればたいていの場合はエミッション測定型で十分です。事実、60年代のラジオやテレビのリペアマンが通常使っていたものはほとんどエミッション測定型です。
秋葉原のアンディクス・オーディオにはコンビニのATMコーナーくらいの大きさの据置き型エミッションチェッカーが置いてあり、たまにお店の人が真空管のチェックをしています(ずっとただのディスプレイだと思っていたので実用品と知ってちょっとびっくり)。


Gm測定型の定番 TV-7 (写真は7B/U)

・必要な種類のソケットはついているか。
 軍用のI-177はMT9pinソケットさえありませんし、上で紹介しているTC-2も12pinのコンパクトロンのソケットはありません。また、比較的新しい機種(Lafayette TE-50やSencore MMシリーズなど)だとST管のソケットがありません。

・付属のデータはいつごろのものか。調べたい真空管は載っているか。
 当然ながら販売以降に生産され始めた真空管はロールチャートにデータが載っていません。たとえばTC-2は1953年から1959年にかけて販売されたため、初期に販売されたものでは6BM8や6BQ5(1955年ごろ生産開始)のようなポピュラーな真空管さえ本体だけでは測定できないわけです。Hickokの600Aなども長い期間にわたって製造されたためロールチャートの内容が古い場合があります。
 本体のみでの販売の場合には本体のロールチャートは何年製のものか、また別添のデータがある場合にはそのデータが何年製のものかをよく確認してください。最低でも1960年くらいのデータが欲しいところです。
 テスト用データは海外のサイトにアップされているものもあります。
 一番データが充実しているのはBAMAです。ここにデータがなければ無料でデータが手に入る可能性はほぼゼロです。海外では古いマニュアル類を再プリントしたりスキャンしてPDFファイルで販売しているところが結構あるので有料ならデータ入手の可能性はあります。

 測定したい真空管がわかっているならその真空管の測定用データの有無もあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。
 上で紹介しているHeathkitのシリーズの場合、欧州管(KT66やKT88など)はデータが載っていないのでアメリカの相当管(7581や6550など)に置き換えて測定する必要があります。なぜか5998も載っていません。

・動作は確認済みか。
 多少の半田不良や抵抗交換くらいなら自分で何とかできますが、トランスとメーター断線、特殊なロータリースイッチの破損などはどうにもなりません。
 ※その気になればメーターは搭載されているメーターのフルスケールがわかれば載せ替えも可能ですし、トランスも余ったスペースに追加するなど対処方法はあります。。

・価格は適正か。
 これは難しいところなんですがGm測定型は、
 TV-7D/U 9万円
 TV-7B/U 8万円
 TV-7A/U, Hickok 6000 7万円
 TV-7/U, Hickok 600a 6万 マニュアル・追加データ付で+3千円
 あたりがエミッション測定型と比較して妥当なところじゃないかと。もちろん現状渡しではなく調整済みを前提としての話です。
 これがTV-2とかAVOの試験機とかになるとさらに高くなります。

 エミッション測定型は、機種や程度にもよりますが4万前後が限度ではないかと思います。どんなに状態がよくてマニュアルなどが揃っていたとしても45,000円は高いです。たまにヤフオクで5万近い値段で落札されていることがあるんですが、なんというか無知って怖いなあという感じで。
 先日もLafayetteのTE-50が48,000円で落札されていたんですが、過去の落札相場から考えてもせいぜい35,000円が限度(ST管の測定も出来ないし美品でも32,000円が限度だと個人的には思う)の商品です。落札者はLafayetteコレクターだったんですかね。


Lafayette TE-50
4万円とか払っちゃだめ。買う前にちょっと落ち着きましょう。

真空管試験機 Heathkit TCシリーズ 
真空管試験機 LAFAYETTE TE-50 
真空管試験機 EMC Model 213 
真空管試験機 TV-7シリーズ 
真空管試験機 Hickok 600A
 

このページのTOPに戻る 

HOMEに戻る