Skip to main content.
TOP>真空管試験機>EMC MODEL 213

EMC MODEL 213

シンプルなエミッション測定型です。コンパクトでソケットが少ないため古いST管は測定できませんが、12ピンのコンパクトロンなどHeathkitのTC-1〜3では測定できないソケットもついています。縦横20センチ程度と非常にコンパクトです。

これ以上ないくらいにシンプルで電源スイッチすらついていません。
電源トランスの一次側に電圧調整機能がないため、国内で使うには昇圧トランスが必須です。1000円くらいで買える小型のオートトランス(100V-115V)あたりを本体に内蔵してしまうのが手っ取り早いでしょう。
測定用データはBAMAで入手可能です。

HeathkitのTC-2などにくらべヒーター電圧設定が少なく、4V球や7V球をヒーター6.3Vで測定したり19V球を35Vで測定したりとずいぶん荒っぽい設定になっています。
※定格から外れた電圧で測定するのはこの機種に限ったことではなく、小型の試験機の場合は大抵そうです。試験のための短時間なら真空管にダメージを与えないという考えなのでしょう。挿しっぱなしにしておくと思わぬダメージを与えることになりますのでご注意を。

真空管試験機 Heathkit TCシリーズ 
真空管試験機 LAFAYETTE TE-50 
真空管試験機 TV-7シリーズ 
真空管試験機 Hickok 600A 
真空管試験機の選び方 

このページのTOPに戻る 

HOMEに戻る