Skip to main content.
TOP>自作オーディオ>スピーカー>R1800改造記

R1800 INDEX

概要
 分解編 
 アンプ改良編 
 パッシブ化編 

 おまけ
 自作スピーカースタンド 

^ TOP

概要

いろいろ言われてるけどいいスピーカー(以下SP)ですよ?
30万のSPを超えるとかいうネタは放置しておいても、パソコン用としてMP3やゲーム、映画やアニメなどに使うのであれば、コストパフォーマンスはかなりよいと思います。
最近ちょっと値下がりして税込み5000円程度で買えるようです。

2〜3千円程度の2.1chアクティブスピーカーではオンボードのサウンドカードと5千円以上のサウンドカードの差も大してわかりませんが、R1800くらいのスピーカーになるとその差は結構わかります。
できればSE-90PCIあたりを、もうちょっと安く上げるとしても店頭で5,000円前後のサウンドカードを使いたいところです。

私が買ったのは楽天市場の「上海問屋」というところのオークションで、送料込み3000円程度で手に入れました。Edifierの国内代理店エバーグリーン直営店のようです。
最近は今はオークション開催してないですね。そのかわりなぜかメモリーカード関係が激安。ADATA製とはいえamazonのポイント還元後より安いとは・・・
PC Watchで使用記事が出てます。相性保証もあるし、機能的にも結構いいですよ。

話を戻しまして、ついでに言うなら分解とか工作が好きな人にもお勧め。ばらしてパーツだけ流用するのもいい手です。
ユニット流用してTQWTとか、アンプだけ流用してAVサラウンド用のペア1万くらいのSP鳴らすのもいいかもしれません。10W程度の出力の取れるアンプキットは2000円じゃ買えませんし、SPユニットだってこんなユニットがコイズミ無線あたりにあったとしたらツィーターは1個1000円、ウーファーは1個2000円くらいは最低するんじゃないでしょうか。

ただしもちろん欠点も。
まずはその大きさ。PC用のアクティブSPとしてはかなり大きいです。もっと小さくて低音が出るSPが欲しいという人はBOSEのMM2やONKYOのGX-R3Xあたりがおすすめです。
作りもそれなり。…まあ5000円ですし。でも同じ5000円台でもowltechに比べると粗さが目立ちます。
スイッチ・ツマミ類が後ろにあるので、使い勝手が悪いのも欠点です。しかも使用中はパワーアンプがかなり発熱するため、背面パネルを触りたくありません。
ヘッドホン端子もデジタル端子も無いです。その辺が気になる場合はCreativeのM80やM85-Dあたりが選択肢でしょうか。

で、私は最初からそのまま使う気が無いのでさっさとばらすことにします。目的のメインは内蔵アンプの外付け化です。
2ちゃんねるのアクティブSPスレッドでは
「2万出すなら1万の中古アンプとペア1万の普通のSPの方が良くない?」
なんて訊こうものなら
「アンプの置き場所がない」「スレ違い」
という答えが必ず返ってくるわけでして、後者はともかく前者には対応できるよう、外付けの前提としてあまり場所を取らないこととしてみます。
で、今回はケミコン増量などもあるため、スピーカーの上における大きさで考えてみました。幅・奥行きともに15cm以上もあるのだから余裕のはずです。

試聴

分解前にまずは音を聞いてみます。
店頭試聴時にも思いましたが低域が良く出てます、というか出すぎです。BASSを最小まで絞ってようやくまともな音になります。
あまりにすごいので周波数特性も測ってみました。
このSPは入力端子が2系統あるのに切替スイッチも無く、両方に挿すと両方の音が混ざって出てきます。ちなみにLine Aが高域増強回路付きでLine Bがノーマルです。
グラフのピンクと黒はLine Bで測定したもの、黄色はLine Aで測定したものです。
ピンクも黄色も世のアンプビルダーからは総スカンを喰らいそうな周波数特性です。黄色のほうは高域増強をうたっている入力系統なのでまだしも、BASSニュートラルの一番普通であるべきポジションがこれでは…。

正しい使い方はLine B/BASS最小です。ゲームをやるときなどはお好みで多少BASSを上げてもいいでしょう。

分解編へすすむ 

このページのTOPに戻る 

HOMEに戻る