Skip to main content.
TOP>雑貨・その他>万年筆

安くて使える万年筆を探す



最近は三菱のボールペンJetstreamを中心に使っていたのですが、さらに軽い書き味を求め万年筆を使ってみたくなりました。

万年筆といえば高級文具の代表ですが、エントリークラスの5千円以下のものでも評判のいいものがいろいろあります。
最近では中国製のものに安くてデザインの優れたものがたくさんあるようです(書き心地はあまりレビューがないのでなんとも言えませんが)。

色々ネットの情報を調べてみると評判がいいものはいくつかに絞られてきました。
ところで、万年筆はサインペンなどと違いキャップがパチンとワンタッチでとまるものよりネジ式になっているものが多いです。特に高級ラインほどその傾向は高まります。


モンブラン・マイスターシュテックのペン先。

1日じゅう机に向かってペンを動かしているのでキャップを閉める必要がないならこれでいいのでしょうが、頻繁に開閉する場合は由緒正しいこのスタイルは利便性がいまいちです。

そこでネジ式に比べ密閉度が劣るかもしれないことは承知の上でキャップはワンタッチで着脱できるもののなかからローエンドの定番モデルをピックアップしてみました。

廉価モデルのオススメ品

ペリカン ペリカーノジュニア 
※公式HPより

ドイツの小学生向けの1本として開発されたという万年筆です。定価は1500円ほどですが、実売価格は1000円程度。太さがMのみなので普段使いにはちょっと太いと感じる人もいるかも知れません。
正式には対応していないようですが、ペリカン社のコンバータを使えばカートリッジだけでなく吸引式としても使用可能です。

ペリカン ペリカーノ 
ペリカーノジュニアよりもちょっと洗練されたデザインで太さもFとジュニアより一段細くなっています。定価2100円で実売価格は1500円強。

LAMY サファリ 
※公式HPより
低価格帯の中ではおそらく一番人気です。楽天、amazonどちらでもよく売れていて評価も高いです。
ペリカーノジュニアと同じくドイツ発祥でグリップ部分が正しい持ち方になるよう親指と人差指の当たる部分が平らにカットされています。ボディは樹脂製で黒・赤・黄・青など複数のカラーバリエーションがあります。ペン先とクリップが黒から通常のメタリックに変更になったようです。
実売価格は2000円前後。カートリッジ式ですが別売りのコンバーターを使うと吸入式としても使用できます。太さは極細(EF)・細(F)・中(M)の3種類が入手可能です。
Amazon、楽天ともに取り扱いがありますが楽天のほうが安いお店があるようです。

LAMY アルスター 
※公式HPより
サファリの高級ラインでデザインはほぼ同じですがボディがアルミ製でメタリックの塗装となっています。またサファリより軸がやや太くなっています。金属ボディなので重さもこちらのほうが重く、手に持ったときの印象もかなり異なります。
Amazon、楽天ともに取り扱いがありますが楽天のほうが安いお店があるようです。

PILOT プレラ 
※公式HPより
最後は日本製から1本、実に万年筆らしいデザインの万年筆です。こちらもカラーバリエーションは豊富です。定価は3150円ですがネットでの実売価格は3割引で2200円強といったところです。細(F)・中(M)の2種類があります。カートリッジ式ですが、別売りのコンバーターを使えば吸入式としても使用できます。一般的なシャープペンやボールペンなどは14センチ前後のものが多いのですが、プレラはキャップをした状態では12センチとコンパクトです。

LAMYのサファリとアルスターを購入

ほかにもPilotのプレラやトンボのobjectなどいくつか候補がありましたが最初の1本ということで無難にLAMYを選択しました。
買ったのはサファリの黒とアルスターのブルー。
吸引式用のコンバータとブルーインク、ブルーブラックインクも合わせて購入しました。
並行輸入品なのでケースがシンプルです。サファリの写真は省略。


早速コンバータをつけて吸引式でインクをセット。アルスターにはブルーを、サファリにはブルーブラックを入れました。
書き味はどんなものなんでしょう?比較するような万年筆がないのでいいのか悪いのかよく分かりません。
コピー用紙に書くとサファリがサラサラという感じなのに対しアルスターはややザラザラといった感じです。引っかかるというほどではありませんが、書きやすさはサファリが上です。 ペン先の種類は同じはずなので単純に個体差なのか、アルミと樹脂という本体の重量バランスの違いの影響なのか、あるいはインクの差なのか、なにか違いはあるのでしょう。
一方、ルーズリーフに書いてみるとどちらも同じような印象です。ルーズリーフの方がコピー用紙よりも紙自体がつるつるなので微妙な差が出にくいのかもしれません。

普段はゲルインクのSignoやJETSTREMを主に使っているのでボールペンに比べてすごくなめらか、という印象は特に無いです。万年筆の方が力を入れなくても書けるといいますが、ゲルインクやJETSTREAMも力を入れずに書けますので・・・


コクヨのルーズリーフ(36行・6mm幅)に試し書き。太さは0.5mmか0.7mmの水性ボールペンと同じくらいですかね?
ブルーブラックは書き方によって濃淡が激しいです。ブルーも濃淡はありますがブルーブラックほど差は目立ちません。

サファリとアルスターは電卓を常用する人におすすめ

私の場合、仕事の関係で電卓を使いつつ筆記を行います。
右手だけで筆記と電卓打ちを行うので頻繁にペンを持ち替えますが、電卓を打ち終わるたびにペン軸の向きを確認してから書いていては作業が一向に進みません。ボールペンであればペンの軸先がどんな向きでも書けましたのでこれは盲点でした。
サファリの場合は指が当たる部分のカットが役に立ちます。持ち替えたときに自然に親指と人差指がベストポジションに収まるので軸先の向きを気にする必要がありません。
一度持ったらそのままずっと書くような使い方(論文とか原稿など)ならあまり関係ないのでしょうが、ペンを持ったまま別の作業もするような人には最適な1本でしょう。



このページのTOPに戻る
 

HOMEに戻る