Skip to main content.
TOP>その他の趣味>kindle(2)

send to kindleを使ってweb小説やblogなどをkindleで読む

テキスト文書+青空キンドルでkindle向きの縦書小説のPDFファイルが作れるのは前ページで紹介したとおりです。
これだけでも小説などを読むには十分なのですが、HP上にアップされているweb小説のたぐいはコレでは対応しきれません。
そこで活躍するのがSend to Kindleです。

Send to Kindleってなに?

Send to Kindleはwebページをkindle向きに変換して読めるようにするGoogle Chrome用の拡張機能です。
紹介記事はこちら。
窓の杜
 「Google Chrome」で閲覧中のWebページを“Kindle”へ転送「Send to Kindle」
lifehacker
 ブラウザの長文記事もワンクリックでKindleへ送って読めるChrome拡張機能「Send to Kindle」

Send to Kindleの使い方

Send to Kindleはウェブストアからファイルをダウンロードしてインストールします。

・Send to Kindleで自分のamazonの受信アドレスを設定
・amazonでSend to Kindleからの受信を許可

設定はこの2点だけです。あとはデータを送信すれば数分後にはwifiでkindleがデータを受信しています。
3Gとwifiの両機能が付いている人は受信アドレスを無料用のアドレスにすることを忘れないで下さい。

Chrome使ってないよ!という人はSend to Kindleの作者のページからBookmarklet版をインストールできます。
http://www.klip.me/sendtokindle/

ブックマークにドラッグするか右クリックでブックマークに保存してください。
Bookmarklet版を使う場合は保存したいページを表示してブックマークに登録済みの「Send to Kindle」をクリックします。

kindle向きにカスタマイズされたプレビュー画面が表示されるので表示内容に問題がなければ右上の[Send]を押して送信します。

Send to Kindleで送られたファイルはPDFではなくkindleの電子書籍形式(AZW)になります。
ですのでファイルサイズはかなり小さくなります。また、文字サイズ、行間も調整可能です。これはPDFにはないメリットです。

一方でPDFファイルなら出来た濃度調節機能は働かなくなってしまいます。
ときどき本文が黒ではなく灰色などのHPがありますが、こういったHPのデータを変換すると薄くて読みにくいことがあります。

複数ページをひとまとめにして送る

長い記事などの場合、記事が複数ページにまたがることがよくあります。
そういう時に役に立つのが「Autopager」です。

Google Chrome用の「AutoPager chrome」、「AutoPagerize
Firefox用の「AutoPager」、「AutoPagerize
などがあります。

インストールして実際にgoogleの検索結果などの画面を見てもらうのが一番早いのですが、画面下までスクロールすると自動的に次のページを読み込んでページの下に続けて表示してくれます。

この機能を使えば5ページくらいに渡る対談などの記事を1ページに表示し、表示したものをSend to Kindleでkindleに送ることができます。

1ページごとに保存ですとkindleの中が細切れのファイルばかりになってしまうのですが、これを使えば1つの読み物が1ファイルにまとまるのでとても便利です。すべてのHPに対応しているわけではありませんが、有名なところはかなりカバーしています。

Send to Kindleの利点と欠点

一番のメリットは読みたいと思った記事を即座にkindleに送れる点でしょう。
ニュースサイトのRSSなどを登録しておいてkindleに送るというサービスは有料・無料どちらも複数あります。最新情報を定期的に取得したいときはこれでいいのですが、たまたま見かけた記事を後で読みたい、というようなケースには対応できません。
こういう場合にはSend to Kindleがとても役に立ちます。

欠点は写真がほとんど変換されないこと。写真は一切変換しないのかとおもいきや表示されるものもあります。
どちらにせよ写真も記事の一部になっている場合には記事がちゃんと読めません。


kindleで日本語小説を読む

このページのTOPに戻る 
HOMEに戻る

2011.10.29