Skip to main content.
TOP>その他の趣味>kindle(1)

kindle買っちゃいました

発売からちょっと経ったところで買ってしまいました。
9月30日注文→10月3日発送→10月8日到着。
10日も経たずに届いているので通常の個人輸入に比べれば圧倒的な早さなのですが、「3日で到着」なんて記事もあちこちで読んでいるので不満の残る日数ですね。

で、ファーストインプレッション。
小さくて軽くて持ちやすいです。サイズとしてはB6よりやや小さいくらい。ノベルズなんかとほぼ同じ大きさです。
販売ページに本体下部のボタンの辺りを持っている図があったのでそれだと使いにくいかなあと思ったのですが、ページ送りボタンは左右にあるので通常はそういう持ち方はしません。


サイズ比較。幅はノベルズより1cm弱おおきい


実際に持ったところ。下の角を手のひら中央に引っ掛ける感じ。画面は時事通信。
親指位置にページ送りボタンがあるので片手操作も余裕。

なんといっても文庫本1冊と大して変わらない重さなので電車内で吊革につかまって片手で読むのが苦になりません。むしろページ送りのしやすさはkindleの方が上です。
従来品にはあったオーディオ機能がなくなったので英語の勉強などで使っていた人からはちょっと評価が低いみたいですが、音声再生は最初から全く必要としていませんでしたので不満はありません。
不満な点はメモリ容量ですね。画像データのPDFをあれもこれもと入れてしまうとあっという間に容量がいっぱいになってしまいます。

日本で買うには

日本のamazonではなくアメリカのamazo.comから買います。
日本では広告付きモデルは購入できないので広告なしの109ドルのモデルを買うことになります。
日本のamazonのアカウントは使えないので初めて使う場合はアカウントの登録が必要です。アカウントの登録も購入の流れも基本的に日本のamazonと一緒なのでほとんど悩むことはないでしょう。

本を読む(PDFファイルの作成)

日本で小説を読む場合はPDFファイルを読むのがメインになります。漫画を読む場合もJPGファイルを圧縮したZIPファイルなどよりPDFの方が扱いやすいです。
kindleで読む場合、画面が小さいので小説などは余白をできるだけカットし画面いっぱいに文章を表示できるようにした方が読みやすくなります。また、画面が小さいですからあまり高画質である必要はありません。
そこで活躍するのが変換用のソフトです。
日本での有名どころとしては
ChainLP
PDF Diet
の2つがあります。これらのソフトを使えばJPGファイルの余白をカットし、更に画像の濃さなどを調整してkindle向けのPDFファイルを作成できます。
kindle4は内蔵メモリの容量が2GBしかなく、実際に使える容量となると1.5GB程しかありません。
PCのモニター表示を前提としてマンガのスキャンデータを高画質でつくると単行本1冊で100MBを超えてしまうこともあります。これではkindleに20冊も保存できません。ですが上記ソフトを使ってPDFに再変換すれば1冊のデータが20MB程度まで圧縮できます。これなら50冊以上は保存可能です。

ChainLPを使う場合は
・ヒストグラムの灰レベルを50〜100の範囲でデータに合わせて調整
・「トリミング&余白」でカットする余白の量を調整
するとよさそうです。
閲覧時の濃度はキンドル本体でも調整できるのでちょっと薄いかな?と思ってもあまり支障はありません。

無料の小説を探す

定番はやはり「青空文庫」です。
青空キンドルをつかえば青空文庫のファイルからkindleに適したサイズのPDFファイルに変換してくれます。
青空キンドル
著作権が切れてフリーになっている作家ならもう完全に文庫本など買う必要はなくなります。
スキャンデータと違いテキストファイルからPDFファイルに変換するとファイルサイズも1〜2MBとかなり小さくなります。

青空文庫にあるような純文学なんかは興味がないという人におすすめなのが「小説家になろう」です。
小説家になろう
アマチュアの小説でファンタジー小説の比率が高いのですが、ラノベ好きな人なら気に入る作品が見つかるはずです。
こちらは基本的にはweb上で読むことを前提としているのですが、テキストファイルのダウンロードができるのでこれを青空キンドルをつかってPDFに変換すればOKです。

「小説家になろう」のkindle向けPDFの変換

「小説家になろう」は公式で縦書きPDFの閲覧ができるのですが、これはPCモニター向けの横長のPDFなのでkindleでの閲覧には向きません。
ですので青空キンドルを利用してkindleに適したPDFファイルを作成します。
まずはテキストのダウンロードですが公式サイトでは長編小説の全話一括ダウンロードが出来ません。

そこで「小説家になろう〜更新情報〜」さんにある
小説家になろう〜テキストダウンロード支援〜
を使って全話一括ダウンロードをします。こちらを使うと全話をひとつのテキストファイルにまとめてくれます。

あとは本文を
青空キンドル(自前テキスト変換用)
で変換すれば完成です。

続き
Send to kindleを使ってwebや日本語小説を読む


このページのTOPに戻る 
HOMEに戻る

2011.10.28