Skip to main content.
TOP>DATA>サラウンドヘッドホンランキング (2008・春)

サラウンドヘッドホンて何?

左右各1chのヘッドホンではなくホームシアターなどの5.1chサウンドを楽しむためのヘッドホンです。
ホームシアターや最近のゲームでは前方だけではなく背後にもスピーカーを設置し、映画館のように前後左右から音が聞こえるようになっています。ゲームやDVDは出来るだけ大音量・大迫力で楽しみたいところですが残念ながら私たちの住環境はなかなかそれを許してくれません。
そこで出番となるのがサラウンドヘッドホンです。サラウンドヘッドホンはそれぞれのハウジング内に前後のスピーカユニットが詰め込まれているわけではなく、擬似的に5.1chの音場をつくりだします。ヘッドホンの中にサラウンドスピーカーも詰め込むという乱暴なモノも昔あったのですがそれはまた別の話。
有線タイプなら1万円程度で、無線タイプの高級品でも3万円程度で購入できます。

それでは早速ランキングにいってみましょう。

^ TOP

7位〜10位

 
第7位 第8位 第9位 第10位
楽天で見る 楽天で見る 楽天で見る 楽天で見る
ソニー
MDR-DS4000
松下電器産業
RP-WF6000
東北パイオニア
SE-DIR800C II
オンキヨー
MHP-AV1

7〜10位はどれもワイヤレスです。
7位のMDR-DS4000と9位のDIR800CIIは赤外線伝送方式で他の2機種は2.4GHz無線方式となっています。遮蔽物に弱い赤外線と無線LANなどとの電波干渉の可能性のある無線方式、どちらが良いかはその人の環境次第でしょう。
赤外線タイプはプラズマディスプレイの発光とも相性が悪いことがあるみたいです。一方の無線式は2.4GHz帯なのでロジクールなどのワイヤレスマウスと同じ帯域です。ちょっと検索してみたところやっぱりマウスと干渉してマウスがちゃんと動かないなどの問題が出るケースもあるみたいです。

^ TOP

4位〜6位

第4位 第5位 第6位
amazon
取り扱い無し
楽天で見る 楽天で見る 楽天で見る
JUSTER
DH-740G
ソニー
MDR-DS6000
東北パイオニア
SE-DIR2000C

6位のパイオニアのDIR2000Cはランキング内では一番高くて実勢価格4万円以上。 ヘッドホンをトランスミッター(要するに本体)に掛けるだけで充電可能でリモコンが付いていたりと利便性も高くなっています。5位のDS6000は1世代前のモデル。実勢2万円程度で値頃感はあるのですが通販だと売り切れのところが多くて見つからないかも。
JUSTERのDH-740Gは台湾製の有線式サラウンドヘッドホンです。参考にした記事によれば実勢価格12,800円となっているのですが、ネットで検索する限り16,000円前後であまり割安感はありません。ワイヤレスが2万円程度することを考えると13K円ならそれなりに割安感があるのですが・・・。

^ TOP

1位〜3位

第1位 第2位 第3位
楽天で見る 楽天で見る 楽天で見る
ソニー
MDR-DS7000
ソニー
MDR-DS1000
松下電器産業
RP-WH5000

1位は2007年11月に発売されたソニーの7.1chヘッドホン。ヘッドホンで7.1chはこのヘッドホンが初みたいです。2位は同じくソニーのDS1000です。こちらは日本メーカー製5.1chサラウンドヘッドホンで1万円を切るというところが魅力のようです。1万円以下というとDVDプレーヤーのように妙な台湾メーカー製ばかりという印象がありますからね。ちなみにDS1000は有線式です。
3位のWH5000はワイヤレスで赤外線方式。amazonだとちょっと高いですが楽天だと15,000円程度からあります。

MDR-DS7000は後継機種のMDR-DS7100 が発売中です。値段は従来のDS7000と同程度の約2万円。こちらの評判もけっこういいですね。

^ TOP

まとめ

ベスト10のうち4機種がソニー製とソニーの強さが目立ちます。サラウンドヘッドホン市場は上位5機種で市場の7割を占めているそうで、ソニーだけで市場シェアの半分くらいを握っているのではないでしょうか。

ワイヤレスの赤外線式と2.4GHz無線式、あるいは有線タイプ、どれが良いかは一口では言えません。
PCでのゲームやDVD鑑賞であればワイヤレスマウスや無線LANと干渉しやすい無線式よりも有線タイプの方が干渉も気にせずに済みますし値段もワイヤレスの半額以下で購入可能です。もちろん赤外線タイプという選択肢もありますが、あえてワイヤレスを買うメリットもさほどなさそうな気がします。
逆に居間のテレビやプロジェクターで、というのであれば有線よりもワイヤレスの方がずっと使いやすいです。ただし赤外線タイプは遮蔽物はもちろんのこと、受信角度の条件が厳しいモノもあるようですから購入時はちゃんとチェックした方が良いでしょうし、2.4GHz無線方式なら干渉が生じるような機器が近くにないかチェックしておいたほうが良いでしょう。

実際どれを選ぶかとなると1,2位のソニー製がコストパフォーマンスに優れていますね。ソニーのDS7000は最新機種だけあって無線の干渉対策もかなりとられているようです。

ところでサラウンドヘッドホン市場ってかなり伸び悩んでいるそうです。ピークは2,3年前で販売数は前年比マイナス15%だとか。個人的にはようやく機能面で満足できるモノが出てきたかな、くらいの印象だったのでちょっと意外でした。

(参考:日経MJ 2008年2月8日)

 このページのTOPに戻る 


 HOMEに戻る