トップページに戻る


このページには管理人高居空の書いた怪しい小説が掲載されています
※基本的に下にいくほど新しい作品になります。
※男性が無理矢理女性に変身させられる内容ばかりですので、そうしたものに不快感を抱かれる方はご覧にならない方が良いと思います。
※著作権は高居空にあります。転載、盗用等はご遠慮下さい。また、作品への直リンクもお止め下さい。

題名 アオリ文 コメント(ない場合もあります)
影響力  正月早々運試しに占いをしてみた俺は……  こちらが投稿サイト「少年少女文庫」に発表したデビュー作になります。
 内容的には不条理ですが、ダークではないかと……。なお、掲載にあたって一部改訂を行っています。
復讐の果て  冷たい雨の降る夜、俺はある男がやって来るのを待っていた。その男こそ、俺の兄を殺した敵なのだ……。  エセ時代劇物。何がエセなのかは読んでのお楽しみということで……。
エレベーターの怪  就職試験の会場に向かう僕。そこで待っていたのは予想もしなかったトラブル。そして、そこから始まる不条理の数々だった……。
 投稿サイト発表時にかなりコメントを頂いた作品。
 この作品で後の作風が決定づけられたとも言えるかも知れません。
 ちなみに、内容はかなりダークなので注意して下さい。
「ジャングル三千キロの奥地に幻の原住民族ポロリ族の秘密の儀式を見た!!」  百戦錬磨の探検隊、彼らがジャングルの奥地で見た物とは!?  前作の反動(笑)。
 タイトルを見て分かる人には分かるように、昔のスペシャル番組を意識した作品になっています。
ドキッ!ポロリだらけの水上決戦!!  ジャングルの奥地で、自らの未来を懸けた決戦が始まる!  上の作品の続編になります。
 読まれる際には、まず上の作品を読んでからにして頂くと助かります……というか、読まないと意味不明です(苦笑)。
 ちなみに、前作と比べてかなりダークです。
ゲームダイバー(前編)  モニターとして集まった僕達の前に用意されたのは、ゲーム世界を体験することができるという装置、ゲームダイバーだった。  前後編の前編。
 雰囲気的に「エレベーターの怪」と近い物があります。
 やや内容はダーク気味です。後編はかなりダークなんですが。 
ゲームダイバー(後編)  ゲーム世界を体験することができるという装置、ゲームダイバーによってゲームのキャラに憑依させられたボク。ようやく元の世界に戻ったボクを待っていたものは……。  前後編の後編。
 何で一本にしないんだと思われるかも知れませんが、元々前後編で公開することを念頭に置いた作品なので、あえて別々にしてあります。ド○ゴンマ○ジン掲載の作品が単行本化される際に前後編が一本化されないのと同じように考えて頂ければ。
 内容は上にもあるとおりダーク度がかなり高めです。
専用車両  通勤ラッシュに悩まされる俺。その解決にと手渡されたのは1枚のシールだった。  アイテムに重点を置いた作品。
 発表時ツッコミはありませんでしたが、前作のキャラが一部登場しています。
夏の怪談:二〇〇八  夏の夜、キャンプ場のコテージで怪談が始まる……  夏と言えばの怪談物。
 二〇〇八とつけたのは、来年以降も同じ題名で作品を作りそうだからです(苦笑)。
次元管理人フォスター・シリーズ レンジャー・オブ・パワー  ア○ア○ア○ア○ア○レンジャー!!  「真城の城」の真城悠さんが提唱されているシェアワールド「次元管理人フォスター」シリーズの設定を使わせて頂いた作品。なのですが……アオリ文にあるとおり、別のネタの方が際だっています(苦笑)。元ネタが分からなくても楽しめるようにはしたつもりですが、このエンディング曲を知っている方ならニヤリとするかもしれません。
 ちなみに、珍しくダークじゃありません。ギャグ作品です。
お花畑の妖精  わたしはお花畑の妖精。可愛いこの子達をみんなにお配りするのが仕事なの。  3分で読める? 超短編。ホームページ開設後初の作品です。
 とは言っても、構想自体はホームページ開設前からあったのですが。
 べ、別に某所でホームページを宣伝するためにさらっと書いたんじゃないんだからね!
お花畑の妖精:検証編? 「お花畑の妖精……この小説の内容は、実際にあのデパートで起こっている出来事なんだよ!!」
「なっ、なんだって〜!!」
 上の作品を色々と検証する? 小説……のはずが、結局いつもの怪しい小説に(苦笑)。
 所々に亜空間論法を使ってますけど、その筋に詳しい方は笑って許していただければ助かります。
 ちなみに、M○Rと本文とは何の関係もありません(笑)。
 
宿屋にて  それは、ありふれた日常に潜む知ってはいけない真実。  初の西洋ファンタジー世界を舞台とした作品。
 とはいえ、話はほとんど宿屋の中でしか進みませんし、主人公も冒険者ではないのですが(苦笑)。
 ちなみにか〜な〜りダークな内容なので、読まれる際にはご注意下さい。
 
兼用トイレ  俺の訪れた営業先のトイレは今時男女兼用だった。  少しエッチな内容の作品。
 ウチの職場は数年前まで本当に男女兼用でした。
 なお、かなり下の表現がありますので、食事中の方はご遠慮下さい。
因果応報  俺達の泊まった宿坊の露天風呂には、ある“罠”が仕掛けられていた……  え〜、露天風呂が題材ですので、人によってはかなりエッチに感じるかもしれません。まあ、内容はいつものごとくダークなんですが。
キリ番サービス  初めて来たホームページでキリ番を踏んでしまった僕は……  キリ番連動企画(笑)。
 半ばネタみたいなサービスですが、申し込みがあれば本当にやりますよ。
 ただ、カウンターの回転速度によってはキリ番を変更する可能性もありますのでご了承下さい。
魔王の秘術  まるで本物のように体感することのできる仮想現実世界。その世界での俺は魔王を狩る歴戦の冒険者だった。  オンラインRPGを題材にした作品。
 とは言っても、あくまで作品の為に筆者が考えたオンラインRPGモドキですので、既存のゲームとは一切関係ありません。
 少し文が長くなりすぎたかも知れませんがその辺はご容赦を。
悪夢の写し身  今、カードゲームによる真剣勝負が始まる!  カードゲームです。遊○王です。終わり。
 ……という訳にもいかないので少し補足を。
 前作と同じようにゲームは筆者が考えたものです。今回は既存のゲームと非常に似通ってますけど、現実には存在しません。ですので、ここが正式ルールと違うとか突っ込まれても困ります(笑)
 また、一応カードゲームの知識が無くても読めるようにはしたつもりですが、専門用語等は目をつむってくれれば幸いです。
フィールド変換器  発明家の爺さんが作った機械、それは指定した場所を任意の物に変えられるという常識外れの代物だった。  久々にあまりダークでない作品です。途中でSF用語のような物が出てきますが、使用法や理論が間違ってるとかの突っ込みは無しでお願いします(苦笑)
ペア・オブ・カード  急に体育の授業が中止になった僕達は教室で自習をすることになったのだが……。  不条理系の作品です。人によってはダークに感じるかも知れませんのでご注意を。
 ちなみに聞いた話だと今の中学生は結構男女一緒に体育をやっている所があるらしいですね。隔世の感、といったところでしょうか。
我慢王への道!  我慢王の称号を手にするため、耐えて耐えて耐えまくれ!  20,000HITのキリ番サービスで作成した作品です。ご依頼感謝です。
 とりあえず、食中または食後まもなくの方は内容的にご覧にならない方がよろしいかと。
 また、高校生未満の方の閲覧はご遠慮願いたいと思います。
 ちなみに、この作品には元ネタになるテレビ番組があるんですが……分かった方はズバリ30歳以上ですね(笑)
ビア・オンザ・ビーチ  冷えたビールで喉を潤すため小さな居酒屋に飛び込んだ俺は、壁に貼られた1枚のポスターに気がついた。  夏真っ盛りに執筆した作品です。
 未成年の方には色々と分からないところがあるかも知れませんが、試しに飲んでみたりしないようにして下さい(笑)
サーキットの陰謀  真夏のサーキットに秘密結社の魔の手が伸びる!  え〜と、一応サイト1周年の記念となる作品なんですが、レースを観にいったり某特撮映画を見たりしているうちに、なにやらカオスな内容に。
 これも全てディ○イドのせいだ!!
 ……ちなみに、作品内に出てくる団体等は全てフィクションです。
誤変換修正回路  異動先の上司のセクハラに悩む私のために元上司が用意してくれたのは、一見ただのノートパソコンのように見える機械だった。  少しエッチでダークな作品です。
 ちなみに話の中で出てくる主人公の失敗は実際に作者がやらかした物です。作者の趣味が趣味なので笑いだけで事なきを得ましたが(苦笑)
混浴温泉  山の中にある小さな露天風呂。そこは文字通り混浴の温泉だった。  再び露天風呂が題材の作品。
 話の中に出てくる混浴のくだりについては実際に何カ所か回った作者の個人的な見解ですが、とりあえず現実は非情だということは確かです(苦笑)
二人式中国語遊技  幻の機械「ゲームダイバー」を手に入れた俺はあるゲーム世界の疑似体験を思い立つ。  とりあえず中学生以下は見ちゃダメです!な脱○麻雀を題材にした話。出てくるゲームの元ネタは多分このジャンルをやりこんだ人なら大部分が知っている物かと……。ただ、本文中にもありますが、「そのまま」ではありませんのであしからず。
プリクラ  あまりにもしつこいナンパに辟易した私は、あるプリクラで記念撮影をすることに……  プリクラ(本当は登録商標らしいのですが通称ということで使用しています)をネタにした作品。
 なお、このお話はフィクションです。街で見つけたネタになりそうな物をかなり大きく膨らませて書いていますので、これがあの街の現状なんだと鵜呑みにしないようお願いします。
マグロ  あるアトリエで、俺の体はマグロと化していた。  平成22年一発目の作品。一発目からこれかとか生暖かい目で見ないようにして下さい(苦笑)。
 なお、念のため中学生以下は見ちゃダメです。
魔法少女ミラクル☆カラン  私の名前はミラクル☆カラン! 弱者を助ける正義の魔法少女なの!  40,000HITのキリ番サービス作品です。これからも宜しくお願いいたします。
 題名を見る限り魔法少女物のように見えますが、リ○カルマ○カルみたいなものを期待して読まれるとガッカリしますのでご注意下さい。ちなみにラ○ラ○ミ○キー何とかみたいでもありません(苦笑)。
次元管理人フォスターシリーズ デイ・オブ・ジ・アンコモン  アンコモンのカードばかり引く男の前に現れたフォスター。その真意とは!?  「真城の城」の真城悠さんが提唱されているシェアワールド「次元管理人フォスターシリーズ」の第2弾です。ネタ的にかなり狭いターゲットを対象にしていますがご容赦を(苦笑)。
異文化体験会  異文化体験会に参加するべく会場にやってきた俺と絵里香は……。  またまた怪しげな機械が登場する作品です。
 それにしても最近は漫画にあの国の人が出てきても語尾にアレが付かないことが多いので、もしかしたら今の若い人には何のことだか分からないかも知れませんね……。
魔法少女ミラクル☆カラン2
やり込みプレイにご用心
 ゲームのやり込みプレイをしていた俺の前に現れた少女とは!?  魔法少女ミラクル☆カランの2作目になります。
 作者が某ゲームのやり込みプレイ中で更新がギリギリになったのは秘密です(苦笑)。
即売会の秘策  日本最大級の同人誌即売会にサークル参加することになった僕は……。  様々な意図をもって作られた作品です(苦笑)。カタカナを多用しているので少し読みづらいかもしれません。
 中身は読んで頂くとして、最後の注意書きにもありますが、このお話はフィクションです。現実のイベント及び団体とは一切関係がありません……が、一応先に謝っておきます。実際に関係する団体の皆さん、正直スマンかった!
海辺の即売会  同人誌即売会場のあまりにもの暑さにダウンした僕は……。  夏の同人誌即売会参加後に書いた作品。
 実際はまったりしたかったところなのですがサイト2周年なのに何もないというのもなんなので(笑)。
 しかし2010年夏の即売会は本当に暑かったですねえ……。
名物ヤキソバ  秋祭り、俺は商工会テント脇の屋台で特製ヤキソバを作っていた。  地元の秋祭りで会場をフラフラしていた時に思いついた作品。
 いや、アニメで町興しをしているのは分かるんですが、一般市民が往来する中で「痛茶」とか「○ン○レソース」とかを堂々と売られても……ねえ?
魔法少女ミラクル☆カラン
年末SP
干支と年賀と女の子?
 年の瀬に慌てて年賀メール用のイラストを作成する俺の後ろに突如現れた少女の目的とは!?  2010年最後の作品です。実は冬のコミケで販売した同人誌の中の書き下ろしの一作なのですが、時事ネタなので今回を逃すと発表できるのが12年後になりそうなので(苦笑)。
 なお、同人誌収録のタイトルは「ミラクル☆カラン4」なのですが、サイト未発表の「3」が夏を題材にした作品のため(夏コミ書き下ろし)、発表のタイミングが合わず、サイト上での発表の順番が逆になってしまった事から「年末スペシャル(SP)」と改題しています。正直苦しい逃げです(苦笑)。
Rの穴  同窓会で久しぶりに会ったクラスメートが経営するスポーツジムを訪れた俺達は……。  2011年最初の作品にして7万ヒットのキリ番作品となります。今後とも宜しくお願いします。
 ネタ的にはちょっと古いかなとも思いましたが、まさか作成中に元ネタの作品がN○Kのニュースにも取り上げられる事態になるとは(苦笑)。
混浴露天  山の中にある小さな露天風呂。そこは文字通り混浴の温泉だった。  え〜、この作品は新作ではなく、既出作品の「混浴温泉」を2010年冬の同人誌用にリファインしたものになります。
 リファインといっても舞台を冬にして言い回し等を見直しただけで話の内容自体は全く変わらないんですが、少なくともZ→リ・ガ○ィのリファインよりはパワーアップしてるかと……(意味の分からない方は申し訳ないです)。
 ちなみに自分の推敲は毎回このくらい言い回しが変わるので時間と労力ばかりかかるんですよね……。
長い髪の女  雨の夜、家へと急ぐ俺に声をかけてきたのは長い髪の女だった。
 8万ヒットのキリ番作品となります。いつも有り難うございます。
 話のオチ的には実はあまり興味のない分野なのですが、リクエストもあったことから挑戦してみました。ちなみに久々にダークな作品となっています。
ハイパークールビズ  スーパーを超えるクールビズ、それがハイパークールビズ!
 日本の夏、節電の夏。ということでクールビズを題材にした作品です。
 しかし、これまでクールビズ運動に参加していた企業は電力削減本当に難しいんですよね。自分の所は網戸を設置して乗り切るみたいです(笑)。
魔法少女ミラクル☆カラン3
コミックマーケットで因果応報?
前編!
 コミックマーケットに集まる悪いお兄さん達をまとめて更正です!  この作品は2010年夏にコミケで発行した同人誌に収録された書き下ろしになります。
 タイトルのとおり前後編となっていますが、実は前編は前編で完結した形となっているので、残念ながら前編ラストからの続きの描写は後編にはありません! どうしても続きが気になる方は自力で補完して下さい(笑)。
魔法少女ミラクル☆カラン3
コミックマーケットで因果応報?
後編!
 夏のコミケ会場に第2の魔法少女現る!  タイトルの通り、この作品は2010年夏にコミケで発行した同人誌に収録された書き下ろし前後編の後編になります。
 なお、ここで注意事項を一つ。
 この作品は前編の追加データとなっているため、単体では“動作”いたしません。必ず前編を脳内にインストールした後で起動するようお願いします。
 ……どういう意味かは読めば分かるとは思いますが……。
10万ヒット記念インタビュー
高居空こだわりを語る
 「おおよそ月刊高居通信」10万ヒットを記念してミラクル☆カランが管理人高居空に突撃インタビュー!
 10万ヒット記念作品……なんですが、今回の作品は正直インタビュー風にこれまでの作品に対する作者なりのこだわり等を赤裸々に語るだけという小説とは呼べないような内容になっています(苦笑)。
 このような機会でないと作者がどのような事を考えて作品を作成しているのか等を知って頂く場がないので、今回思い切ってこのような内容にしてみました。まあ、「そんなこと別に知りたくない」と言われればそれまでなんですが……。
 なお、あらかじめ言っておきますが、この作品では誰もTSしません。ご了承下さい。
食べ放題  いやあ、秋といいましたら、やっぱり食欲の秋ですねえ。
 毎度ばかばかしい小咄を一つ……といった感じの当サイトでは珍しい落語風の作品です。まあ、中身は一人称じゃないのを除けばいつも通りなんですが。
 なお、この作品は10万ヒットのキリ番作品でもあります。いつも応援ありがとうございます。
ラストマン・スタンディング  最強の男を決める戦い……それがラストマン・スタンディング。  この作品は2010年冬にコミケで発行した同人誌に収録された書き下ろしになります。
 自分の作品の中ではやや長めとなっており、随分難産だった記憶があります。
オミクジ  初詣で引いたオミクジにとんでもない事が書かれていた俺は……。
 2012年最初の作品になります。
 新年最初という事で、初心に戻った作品といえば聞こえは良いですが、正直TS作家なら誰もが書くようなどこかで見たような作品になってます。え? ちょっと違う? まあ、それは作者がやっぱりひねくれてるからということで……。
魔法少女ミラクル☆カラン
魔法少女と風評被害?
 正義の魔法少女がついに社会問題に立ち向かう!  この作品は魔法少女ミラクル☆カランシリーズの5作目になります。前にSPとか使ったので今回からタイトルのナンバリングは外してあります。
 なお、タイトルで察しがついた方もいらっしゃるかと思いますが、作品内にはあの災害について触れている部分があります。不愉快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦下さい。
魔法少女ミラクル☆カラン
カードファイトでドッキドキ?
 あのカードファイトアニメに正義の魔法少女が問題提起!
 時事ネタは腐る前に書け! ということで、魔法少女ミラクル☆カランシリーズの6作目は平成24年3月現在関東地方では土曜朝に放送されているカードファイトアニメネタです。
 なお、この作品を読んだ後だと例の主人公が○○に見えてしまうかもしれませんが、おそらくそれは間違いです。……多分。
ヒーロー誕生!?
〜Jは嵐のごとく〜
 今、新たなヒーローが誕生する……。風となれ、サイクロンジ○ー○ー!
 某仮面のバイク乗りシリーズの一作をネタした作品です。見たことが無くても分かるように書いたつもりですが、やっぱりよく分からなかった場合はご容赦を。
 ちなみにギャグ作品です。シリアスなのを期待して読まれると憤死すること請け合いです。
 しかしこの世界の書き手の皆さんはこのシリーズが好きな方が多いので、先に同じネタの作品が発表されていないか凄く心配です(苦笑)。
インターミッション ♯1
〜Jは嵐のごとく編〜
 同人誌に掲載した上記作品の書き下ろしおまけ部分を大公開!
 この作品は2011年夏に発売した同人誌「月刊高居通信有明大戦」に掲載された上の作品のおまけ部分になります。
 なお、インターミッションシリーズは上の本編を読んでからでないと意味不明なのは確実のため、面倒でも本編をご一読の上ご覧頂ければと思います。ちなみにあくまで「おまけ」ですので内容的に短いのはご勘弁をということで。
ヒーロー誕生!?
〜MISSING K〜
 今、カードが新たなるヒーローを呼び覚ます! 騙してなんかないですよ、タ○バナさん。
 完全に趣味に走った作品です(苦笑)。
 上にある「ヒーロー誕生!?」の続編となるため、またもや仮面のバイク乗りが出てきます……が、それ以外にも昔の同人TS界で一世を風靡した作品をネタにしているため、最近この業界に興味を持った方は何が面白いのか分からないかもしれません。
 もし分からなかった場合はリンクのページからそれっぽい所に飛んでみて下さい。どのサイトかはオチがバレてしまう可能性があるためお教えできませんが(苦笑)。
インターミッション ♯2
〜MISSING K編〜
 同人誌に掲載した上記作品の書き下ろしおまけ部分を大公開!
 この作品は2011年夏に発売した同人誌「月刊高居通信有明大戦」に掲載された上の作品のおまけ部分になります。
 なお、インターミッションシリーズは上の本編を読んでからでないと意味不明なのは確実のため、面倒でも本編をご一読の上ご覧頂ければと思います。
 ちなみに、この作品の内容には元ネタである同人小説のオマージュ的な要素もいれさせていただいているつもりですが……オマージュになってなかったらごめんなさい。
ヒーロー誕生!?
〜GOD SONG LOVE〜
 おぼえていますか、パーフェクトシンフォニーを……。
 回を重ねるごとにマニアック度が増す「ヒーロー誕生」の第3弾です(苦笑)。
 申し訳ないですが、今回は毎度の仮面のバイク乗りだけでなく某アニメを知らないと意味が分からない部分があると思います。映画化もされたかなり有名な作品なので知ってる方も多いとは思いますが……。ちょっと強引に作りすぎたかもしれません。反省。
 ちなみに、「ザ・ビー」というホテルに泊まったところ同じビルに豆腐料理店が入ってました(笑)。
インターミッション ♯3
〜GOD SONG LOVE編〜
 同人誌に掲載した上記作品の書き下ろしおまけ部分を大公開!
 この作品は2011年夏に発売した同人誌「月刊高居通信有明大戦」に掲載された上の作品のおまけ部分になります。
 なお、インターミッションシリーズは上の本編を読んでからでないと意味不明なのは確実のため、面倒でも本編をご一読の上ご覧頂ければと思います。
 某アニメの劇場版完結編のレンタル開始とほぼ同時公開なのは、一応狙ってたということで。
ヒーロー誕生!?
完結編/EPISODE FAINAL
 シリーズついに完結! なお、詳細は劇場で!?
 この作品は2011年夏に発売した同人誌「月刊高居通信有明大戦」に掲載されたヒーロー誕生!?シリーズの一作で、一応シリーズの“完結編”になります。これまでのシリーズの元ネタが分かる方なら“完結編”と聞いて思い当たる節があるかもしれませんが、まあ、そういうことということで。
 逆に言うと、何も思い当たらない方には意味不明な作品と言われても仕方の無いような内容になってますのでご注意を。
 まあ、元々が“分かる人”向けに書いた同人誌発表作品ですのでご容赦下さい。
ヒーロー誕生!?
〜元ネタ解説〜
 元ネタ解説って言っといて伏せ字ばっかりじゃないですか!?
 あまりにマニアックすぎたヒーロー誕生!?シリーズの元ネタを作者が語る解説集です。
 なお、不測の事態に備えるため(主に文字検索で間違ってヒットしないように)、解説だというのに元ネタが略字、伏せ字ばっかりになっています(苦笑)。不特定多数が観られるネットだからということでご理解頂ければと。
アイテム課金  親のいない間にアイテム課金制のゲームに手を出した僕は……。
 巷で噂のアイテム課金制ゲームを題材とした作品です。実際にはアイテム課金の枠にはまるかどうかは微妙ですが、そこはスルーしていただければと。あと、続編の予定はありませんのであしからず。
リレー  みんなの視線を独り占めするために体育祭のクラス対抗リレーでアンカーの座を勝ち取った俺。そして目論見通り……。
 秋に書いた作品。秋と言えば体育祭、体育祭といえばクラス対抗リレーということで、良く言えば旬、悪く言えばベタな内容になっています。
 なお、自分の書いた物にしては珍しい“理由のない完全不条理”寄りの作品なので、あまり構えずに気楽に読んで頂ければと。
一番湯  山奥の温泉郷で運良く一番湯にありつけた俺。湯に浸かる中、目に入ったのは一枚の扉だった。
 骨休めに湯治に行った際に思いついた作品。ということで、この温泉宿にはモデルがあります。扉もあります。扉の向こうに行ったらどうなるかは試さなかったので分からないですが。
即売会の妖精
〜連絡通路編〜
 わたしは即売会の妖精! 海辺の即売会にやってきたみんなのモヤモヤを解決するのが仕事なの!
 この作品は2011年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしのうちの一編になります。
 行ったことの無い方は何の事やらかもしれませんが、まあ、そういう場所なので、一般参加される方、グッドラック!
変化の果てに……  どうしてこうなった? 俺は自らの境遇についてそう自問せざるを得なかった。
 2013年最初の作品は、15万ヒットのキリ番作品になります。いつもありがとうございます。
 内容は久々のブラックレーベル仕様、色々な意味でいつもより過激(?)な豪華版に仕上がっています。あくまでうちの作品内では、ですけど(苦笑)。
ヒーロー誕生!?
〜蛇年SP〜
 完結だっていってたよな? そういうの、イライラするんだよ……。
 突如前触れもなくリターンズした「ヒーロー誕生」のスペシャル版になります。作者が巡回しているサイトさんに“彼”関係の年賀絵があって、無性に書きたくなったのは内緒です(笑)。
 しかし、内容的には本当はもう少し別の展開になる予定だったのですが、いやあ、同胞の想像力、まさに侮り難しですねえ……。
ペアプレイ  このゲームで簡単に勝つ方法、教えてやろうか? それはな……
 大いなる義憤とともに勢いだけで書いた作品。こうしたゲームに興味のない方向けに補足説明すると、作中で出てくるプレイ方法は悪質な反則行為です。まっとうなプレイヤーならまずしません。逆に言えばそうした事を平気でやってるのは見るからに「まっとうじゃない人間」がほとんどなので、店側も注意できないんでしょうが……。
即売会の妖精
〜会場編〜
 わたしは即売会の妖精! 海辺の即売会にやってきたみんなのモヤモヤ、み〜んな解決しちゃうんだから!
 この作品は2011年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしのうちの一編を一部改稿したものになります。
 やはりこうしたイベントに行ったことが無い方には何の事やらかもしれませんが、店舗売りやダウンロード販売も含め、同人物の購入には事前のリサーチと内容確認が必須だと個人的には思います。
即売会の妖精
〜○○○編〜
 わたしは即売会の妖精! 海辺の即売会独特のあれこれに戸惑うみんなのモヤモヤ、解決しちゃうよ!
 この作品は2011年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろし3編のうち最後の作品を一部改稿したものになります。
 最後にこれかよと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そうした独特な取り組みを行ってるのもあの即売会ならではということでひとつご容赦を(笑)。
ツかれた女  あの元アイドル、間違いなくツかれてますね、男に……。
 某不倫に係るワイドショーネタとそれに対するネットの書き込みを見て思いついた作品。
 ケダモノとか叩かれてるのを見て、TSの某ジャンルの被害者も第三者からはそう思われてるんだろうなと謎の感想を持ったというか何というか……(苦笑)。
ゲームブック
「真夏の即売会」
 君は、真夏に開催される巨大同人誌即売会で自作の同人誌を販売するサークル参加者だ。
 灼熱の会場で、君は数ある選択肢の中から君の望む未来を掴み取ることができるだろうか。
(注:望む未来が本当に存在しているかどうかは保証しません)
 この作品は、昔懐かしのゲームブック形式になっています。ENDは全部で17つ。なお、作品内でリンク処置はやっていないため、自動では次の番号に飛びませんのでご注意を。
 ちなみに、メインルートはタイトルの似た既出作品に展開が酷似しています。今回の作品執筆時の作者の状態が既出作品のコメント欄に書かれた物とほぼ同一だったということでご容赦下さい(笑)。
投稿小説サイト  数多くの同人小説が掲載される人気サイト。多くの投稿を集めるための秘訣とは!?
 作ってはみたものの、公開するかどうか迷った作品。断っておきますが、この作品は言うまでもなくフィクションです。執筆する際に運営方法について参考にした人気サイトがあるのは確かですが、作中に出てくるサイト等は全て架空の物で別物です。虚構と現実を混同されないようお願いします。
魔法少女ミラクル☆カラン
コスプレ広場と男の娘?
 魔法少女海辺の即売会に再び登場!
 この作品は2012年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしのうちの一編を一部改稿したものになります。
 発表されたのが2012年のため、既に放送が終わっている番組やブームが下火になっているようなもののネタが入っていますが、そこはご愛敬ということで。
 なお、この作品は下の作品と合わせて一つというような感じになっていますので、よろしくお願いします。
即売会の妖精リターンズ
 わたしは即売会の妖精! 今回も海辺の即売会にやってきたみんなのモヤモヤ、解決しちゃうんだから!
 この作品は2012年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしのうちの一編を一部改稿したものになります。当時納得して発表した作品でも、後で読み返してみると色々と書き直したくなる場所が出てくるもので……(苦笑)。
 ちなみに、この作品は上の作品の続き物になっています。ですので、この作品より前に上の作品をお読みになる事をお薦めします。
ヒーロー誕生!? 午年SP
〜アイ・デア・ロスト〜
 新春特別大公開! エキストラ総勢0人の大スケールの物語が君を待つ!
 昨年に続いてリターンズした「ヒーロー誕生」のスペシャル版になります。まあ、スペシャルと言いつつやってることはこれまでと同じなんですが(苦笑)。
 ちなみに今回は元ネタが分からないとちょっと厳しいかもしれません。元ネタも味付けが濃い目なので万人に薦められないのが痛いところ。あ、個人的には好きですよ(笑)。
フォージー
 このケータイってスゴイのよ。なんてったって「フォージー」だし!
 ケータイを題材とした作品。なお、書いた本人もよく分かっていないので、「4G」とは何かとか知らなくても読むのに全く問題はありません(苦笑)。
呼び名
 中学生にもなっても「ちゃん」付けで呼ばれる俺は、それを変えるために……。
 場合によってはトラウマになっている人もいるかもしれない呼び名に関する作品。
 なお、注意点が一つ。オチがどういう意味か分からなかった方、間違えても他の人に聞こうとはしないで下さい!
肉欲鏡  それは、肉欲を写し出す鏡。
 この作品は、20万ヒットのキリ番作品になります。いつも応援いただきありがとうございます。
 内容は15万ヒットの時と同じくブラックレーベル仕様、やはり色々な意味でいつもより過激(?)な豪華版となってます。一応ギリギリ年齢制限なしでもOK……かな?
そういう世界
 別におかしくなんかないよ。そこはそういう世界なんだから。
 この作品は2013年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしのうちの一編を一部改稿したものになります。
 物の見方というか、いわゆるB級カテゴリーのものもこうして見れば結構楽しめますよ(笑)。
トランスWカップ!
 4年に1度の夢舞台。サッカーの祭典が幕を開ける!
 この作品は2014年Wカップ開催中に執筆した作品で、もちろん中身はWカップネタとなっています。諸般の事情からイニシャル表示が多いのですが(笑)、執筆中にキーボードのOがほとんど認識しなくなって正直焦りました。
即売会の妖精2013
 わたしは即売会の妖精! そういえば、2013年の夏の即売会ではこんな事があったんですよ……。
 この作品は2013年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしになります。
 2013年の夏の即売会は館内に熱気で雲ができたことが印象に残ってますが(苦笑)、それ以外にも異例な事があったんですよ。
楽しい体操
 楽しい体操の時間です。今日も体操で肉体改造! よろしいでしょうか?
 朝早い時間に目が覚めるとやっているテレビ番組から着想を得た作品。何かここのところ長い時間寝てられなくて、そのせいで疲れも取れなくて困ってます……。
黄色い断末魔
 赤い非常灯が灯る通路。そこを俺は“奴”から逃れるため必死で走っていた……。
 この作品は2013年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしになります。
 ラストは映画館に足を運ばれた事のある方ならまず何のことだか分かると思いますが、一度も映画館に行ったことがない人だとひょっとしたら分からない……かも?
抱き枕  この抱き枕には画期的な新機能が組み込まれてるんだぜ。
 この作品は、222,222ヒットのキリ番作品になります。いつも応援いただきありがとうございます。
 どうもキリ番作品は色々と際どい作品になりがちなんですが、今回もやや過激かもしれません。あくまで全年齢向けとしては、ですが(苦笑)。物足りないと思った方は申し訳ありませんが脳内補完してください(笑)。
カワハギ
 俺の職業? 俺の職業はな……
 この作品は2013年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしを一部修正した作品になります。
 時系列上作者初の皮物(上の作品もそれに近い内容ですが初出は後)なのですが、相変わらずその筋の主流の展開とは全く異なる展開ですのでご注意を(苦笑)。
アダルト妄想小説現実化装置
 ある同人小説家の同人誌作成行程が明らかに!?
 この作品は2014年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしを一部修正した作品になります。
 当初の同人誌のページが4の倍数で収まらなかったので急遽作った作品だというのはナイショです(笑)。
入替洗脳薬
 入替洗脳薬を手に入れた俺は、欲望のままにそれを使って……。
 この作品は2014年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしを一部修正した作品になります。
 なお、世界観的には既出作品の「呼び名」「肉欲鏡」「アダルト妄想小説現実化装置」と同一になるので、先にそちらを一読していただければ。
(この4編を同人誌に収録しました)
四月の嘘
 なあ、実は俺、知ってるんだよ。お前が本当は……。
 4月ということで誰もが思いつくようなアレを題材にした作品です。
 一応不条理系だと思うんですが、やっぱり少しだけひねくれてたりするのでそこら辺はご注意を。
異界の宴
 体育の授業のため、体育館へ移動していた俺達は、体育館ごと異空間へと飲み込まれていた。
 もしかしたら看板に偽りありかも知れない作品です。どこが偽りなのかは読んでのお楽しみということで(苦笑)。
オートマティスム
 オートマティスム、それは日本語で『自動筆記』と訳される作品制作手段の一つである。
 マグリット展観賞記念作品(?)。
 実際美術館にも何回か足を運んでいるけど、結構シュールレアリズムの作品って好きなんですよね。
 それにしても『自動筆記』という響き、物書きには甘美に聞こえます……。
渚の勝負
 「男に二言は無いだろうな?」
 夏の海水浴場で、俺達二人の勝負が始まる……。
 夏といったらやっぱり海! ということで作った作品。
 まあ、実際作者は毎夏有明の海しか行かないんですが(苦笑)。
来世の党
 どうです? 次の選挙、我が党に一度託してみませんか?
 この作品は2014年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしを一部修正した作品になります。当時の状況に基づき書いてますので、選挙制度等が変更になっていた場合はご容赦を。
 個人的考えは中で色々と書いてますが、選挙は行かないとダメですよ。本当に。
新たな生
 不治の病に冒された俺は、新たな生を得るため旅を続けていた。
 この作品は2014年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろしを一部修正した作品になります。
 一部ネタバレになりますが、この作品はゲームの「ダ○クソ○ルU」の世界観を元にしています。読み終わった後、意味が分からなかった方は上記タイトルと「棺」等で検索してみれば何か判るかも……。
ヒーロー誕生!? リザレクション
〜運命・宿命・ジャジャジャジャーン〜
 大復活! 新春特別公開!
(主人公は幽霊にはなりません)
 2年ぶりに復活した「ヒーロー誕生」のスペシャル版になります。といっても待ってた人が果たしているのかいないのか(苦笑)。
 ちなみに冬コミのブースでぼうっとしていたときに閃いたネタというのは内緒です(笑)。
ホムンクルス育成計画
 育成ゲームの世界で、俺のホムンクルス育成計画が始まる……。
 この作品は2015年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろしになります。今読み返すとちょっと冗長過ぎた感がありますが、とりあえずそのまま掲載してあります。なお、少しばかり「異界の宴」とも関係してますので、先にそちらを読んでいただければ。
 それにしても、今は本当に『男の娘育成アプリ』なんていうのがあるんですねえ……。
TS整体マッサージ店
 街中にある小さな整体マッサージ店。実はそこは、“TS好きなら一度は訪れたい店”として囁かれている場所だった……。
 この話は、TS中級者以上の方を対象としたちょっとひねくれた内容の作品になります。
 こう書くと、「実はTSじゃないんじゃないか」とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、中身は間違いなくTS物です。ええ、モチロンデストモ。
エイプリルフールの…
 俺には、特定の日にだけ使える特別な力がある……。
 4月に書いた作品ということで、お約束のエイプリルフールネタです。とはいえ、正攻法で来ないことは皆さんお分かりだとは思いますががが(苦笑)。
可変機構
 本部の査察のために俺達第6開発局が開発した試作機。それは……。
 もしかすると序盤でオチが分かってしまうような作品(苦笑)。まあ、時にはこうした直球勝負でも良いかなということで。え、変化球に見える……ですか?
即売会のニューフェアリー
 わたしは即売会のニューフェアリー! 拡張工事中のフロアから生まれたニュージェネレーションなのです!
 次回冬から海辺の即売会場の東7、8ホールが供用開始になる記念に(?)作った『即売会の妖精』シリーズのスピンオフ作品になります。とはいっても、これまでのシリーズのお約束とはまったく展開が異なりますのでご注意を。
 さらにいうと、人によってはTS作品でもないという(苦笑)。即売会三日目に参加されている方なら問題はないと思うのですががが。
代役
 TS風動物園、今開園!
(注:一般的な動物園の話ではありません)
 たま〜にある落語っぽい作品です。というか、今回は元ネタそのものが……(笑)。
 ちなみに、作中に出てくる「動物園」が気になった方は某W○K○にも項目がありますんで調べてみて下さい。単独で項目ができるくらい面白い話ですので。
目論見
 日曜の夜に温泉旅館の露天風呂へとやってきた俺。そこにはある目論見があった……。
 この作品は2015年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 なお、作中に出てくる分析はあくまで作者の経験に基づくものですのであしからずということで。でも、分析に関わらず日曜日はかなりの宿が平日料金で泊まれるのでお得なのは確かです。月曜日休みが取れれば、ですが(笑)。
ゲームするなよ!
 『このゲームするなよ!』
 テレビ画面ではお笑いタレントがそう訴えていた。
 時事ネタは腐る前に書け! というわけで、2017年一発目の作品は、2016年から2017年頭にかけて流れていたゲームCMネタになります。時間が空きすぎて訳分からなくなっていたらすいません。
 しかし、個人的にスマホゲームって本気でやると1タイトルしかやる時間ないと思うんですけど、いくつもダウンロードしている人っていますよね。皆さんはどうですか?
提督のケツダン
果てなく続く大海原を舞台に、大海戦の幕が開く!
 この作品は2016年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 ちなみに、タイトルは懐かしの光○ネタですが、中身は艦○○アー○ードネタですのであしからず(笑)。さらに言えば、作品はあくまで2016年夏時点の状況ですので、今ではそう待つことはなくプレイできると思います……といっても、これも2017年2月時点の状況ですが。
提督のケツダン 追撃戦!
勢いのままに、追撃戦開始!
 この作品は2016年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 といいつつ、実際には上に掲載してある「提督のケツダン」のおまけ作品として書かれた物なので、同作品を読まないと何のこっちゃとなりますのでご注意を。
続・即売会のニューフェアリー
 わたしは即売会のニューフェアリー! 拡張された東のフロアから生まれたニュージェネレーションなのです!
 この作品は、タイトルにある通り「即売会のニューフェアリー」の続編になります。まあ、そもそも「即売会のニューフェアリー」自体が『即売会の妖精』シリーズのスピンオフ作品なんですが。
 内容は、まあ、あくまで筆者の主観的なものであしからずということで。
メアド交換
 「ねえオジサン、アタシとメアド交換しない?」
 夜道で、女はそう声を掛けてきた。
 調べてみたら随分久しぶりのブラックレーベル仕様の作品になります。
 しかし、L○NE全盛の中、メアド交換自体が死語になっていないか、ちょっとばかり不安です(苦笑)。
呪いのゲーム
 しっかし、空しいよね。こんな夜遅くに男だけで学校に集まってみんなで怪談してるなんてさ。
 この作品は2016年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 内容は一見七不思議系の怪談話風……といった感じですが、ブラックレーベルなのでそこはダークな何とやらで。ここのご常連さんなら途中でオチが分かっちゃうかもしれませんが(笑)。
四尺玉 上から見るか横から見るか  上から見るか、横から見るか……それが問題だ。
 この作品は、333,333ヒットのキリ番作品になります。いつも応援いただきありがとうございます。
 なお、今回の作品は、途中の選択肢により、3つに結末が分岐する形になっています。理想のエンド目指して頑張って下さい!
……そもそも理想のエンドがない可能性もありますが。
 ちなみに、題名がよく似たアニメ映画がありますが、内容は全く関係ありませんのであしからず(笑)。
ワンちゃん
 さあ、あなたはどんなワンちゃんになるのかな?
 2018年戌年最初の作品です。
 中には「相変わらずひねくれてる」とお思いの方もいるかもしれませんが、それがこのサイトの持ち味ということで(笑)。
異世界に転生したら高ステータス超チートスキル持ちの神官だった
 異世界に転生するなら超チートスキル持ちは当たり前!
 最近人気の転生物に乗っかった作品。
 実はこの系統の作品ほとんど読んだことが無いんですが、いや、スゴイ数のタイトルが出てるんですね。転生前の主人公を殺すべきか参考にしようと本屋に行ったら面食らったのは内緒。
forTX
 まるで、映画の中に入ったかのような臨場感……それが、forTheater−X、略してforTX!
 最近色んな映画館に導入が進んでいる体感型スクリーンを題材とした作品。
 筆者も体感型スクリーンに行ってみたんですが、感想は、「映画に集中できない!」でした(苦笑)。
気功武闘伝紋章G
 俺の右手が光って(略)!!
 分かる人にはタイトルだけでネタ元が分かってしまう作品(笑)。あくまでネタ元であってそのまんまどころか原型も留めていませんが。
 あれがどうTSになるのかは読んでのお楽しみということで。
ピッチで躍動する
 あなたも、スタジアムのピッチで躍動してみたいと思いませんか?
 Wカップイヤーということで、サッカーを題材にした作品です。
 ……といいつつ、いつものごとくひねくれてるのはお約束ということで(笑)。
シネマ・ザ・シャーク!
 夏と言えば海! 海と言えば水着とギャルと、そして鮫!
 この作品は2017年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 本来、書き下ろし作品は発表後7〜8ヶ月後に公開するのですが、この作品は舞台がまんま夏なので、少し遅らせて夏真っ盛りのタイミングで公開することにしました。
 映画化にご協力いただける方絶賛募集中です(笑)。
スペシャルガチャ
 イベント終了間際なのにまだイベント限定キャラを引けていない、そんなプレイヤーの皆様のために、スペシャルガチャをご用意しました!
 スマホゲーム……というより、ガチャを題材にした作品。
 自分は今やってるスマホゲームではほぼ無課金勢なんですが、初期からやってるんでそこそこ高レアキャラも揃ってるんですけど、高難易度には必須っていう感じの持ってない高レアキャラがいるんですよね。それらがピックアップされてるガチャは課金するかいつも悩みます……。
女体化本
 “女体化本、残り20部切りました!”
 夏のコ○ケ明けということで、同人誌即売会ネタの作品になります。
 え〜、最初に断っておきますが、かなりの変化球ですので、読んで「こんなのサギだ!」と思った皆様、正直すまんかった!
【2018年10月掲載順変更】
女体化本 〜サークルサイド〜
 “女体化本、残り20部切りました!”
私はサークルスペースでSNSにそう書き込んだ。
 この作品は2017年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 タイトルから分かると思いますが、この作品は上の「女体化本」の別視点版になります。単体でも楽しめる話にはしているつもりですが、せひとも2つ揃って読んでいただきたいところです。
品種改良
 これは、猪にまつわるむかしむかしの王様と妖精のお姫様のお話。
 2019年亥年最初の作品です。
 相変わらずひねくれかつ好き勝手やってますが、2019年もこのスタンスで行くということでよろしくお願いします(笑)。
異世界に王様転生!
 異世界の王様に転生だ!
 この作品は2018年夏に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 ちなみに、自分は王権賛成派です(笑)。
文字
 古人曰く、文字は呪の一つ、力ある者が用いれば、あるいは現世に影を落とさんと……。
 文字に関わる作品。
 しかし、ワープロソフトはなんで誤変換ばかり繰り返すんでしょうかね。仕事での読み返しは必須です。……自分の作品は読み返さないのかとかのツッコミはなしの方向で(苦笑)。
文字 −其の弐−
 参ったな……。
 止まってしまった電車の中で、俺は焦りを隠せずにいた。
 タイトルのとおり、上の作品の第2弾になります。ちなみにストーリー的には前作とは繋がっていませんのであしからず。
 雰囲気が前作と大分変わっている部分もありますが、それはそれということで。
顔認証
「これが、我々の開発した新システムになります」
広間に集まった面々を前に、俺の一世一代のプレゼンの幕が上がる。
 今話題の新技術をモチーフ……というか何というかな作品です。
 何というかというのはどういう事かは読んでみてのお楽しみということで。ちなみにTSなのかも実は何というか……。
文字 −其の参−
 「ねえ、どうしてこんなところまでこなきゃいけないの?」
  たずねたボクに、友だちはいたずらっぽいえみをうかべた。
 タイトルのとおり、前に発表したシリーズの第3弾になります。
 本当は別の作品を書いてたんですが、数日前にプリズ○でファ○タ○ムな映画を見た後寝てるときに閃いて、遅筆な自分にしては珍しく数時間で一気に書き上げた作品。
 なので、オチも映画……というか、映画の中の台詞に大分影響を受けているような、ないような?
文字 −其の四−
 「ねえ、ホントにこんなところまでくる必要あった?」
  ゴミ袋を手に僕は前をいく友人に尋ねた。
 文字シリーズの第4弾。
 前作と同じく寝てるときに閃いて、一気に書き上げた作品になります。
  同じようなシチュエーションで閃いただけに、内容も何となく前作と似通っている気が……(苦笑)。
プールで……
 ああ、気持ちよかった……。
 ボクはプールの中でだれにも聞こえないような声でそうつぶやいていた。
 プールのあるあるからヒントを得た作品。
 しかし、自分はやったことがなくて、この歳でしようとも思わないんですが、そんなに気持ちいいもんなんですかねえ……。
釣り
 池でルアーを無くしたボクの前に現れたのは……。
 最近多い、別の物を書いていたのに寝てて閃いた作品。
 いや、それよりも、おそらく某サイトで○○○なTS作品の記事を読んで、昔アニメの「○ち○ち○っち」のことを「○ち○ち○○○」だったら面白いなあと思っていた記憶が蘇ったのが直接の原因だとは思いますが(苦笑)。
揺れる……
 露天風呂の独り占めは最高だぜ!
 山奥の温泉宿で、俺は口元の緩みを抑えられずにいた。
 台風の前日に泊まった馴染みの宿で、宿の人に聞いた話から閃いた作品。
 まあ、内容はいつもの通り不条理ネタなんですが(苦笑)。
ツいてる
 よし、絶対良いの引いたるぜ……。
 深夜のゲームセンターで、俺は一人気合いを入れていた。
 最近流行りのアニメ・ゲームと異業種とのコラボ企画をネタにした作品。
 いや、別に某ゲームと菓子のコラボで、コンビニ7軒回って1店舗しかコラボ商品を取り扱ってなかったのを恨みに思った訳ではアリマセンヨ。
エンチャンター
「ふん、何の通告もなしに突然人の工房に押し入るとは、一体どういう了見ですかな、司祭殿?」
  人里から遠く離れた山の中にある小さな工房は今、剣呑な空気に包まれていた。
 この作品は2018年冬に発行した同人誌に収録された書き下ろし作品になります。
 短編が多い自分の作品の中では少し長めの作品になりますが、お付き合い頂ければ。
だるまさんが…
「ねえ、あそぼ」
  双子とおぼしきその姉妹が声をかけてきたのは、ちょうど俺が新年会に飽き飽きしていたときのことだった。
 2020年最初の作品は、別趣味の知人との会話中に出た言葉から閃いたものになります。
 ちょっと色々と問題がありそうなので、一部伏せ字になっているところがありますが、そこはご理解いただければ(苦笑)。



トップページに戻る