■■ 各地で随時! ■■

▲呼びかけ もくじにもどる
WOMEN IN BLACK  ウィメン イン ブラック
 〜戦争は新たな悲しみと憎しみを生む〜
関西
最終更新日: 2009/03/08
<大阪・梅田>
  毎月第1・3木曜日 午後7時〜8時
  場所 JR「大阪」駅 東口横
      (昼間はよく献血車が停まっている所)
  呼びかけ 女たちのピースアクション
  連絡先 ふぇみん大阪
        TEL:06−6356−0778


21世紀は、アメリカなど先進国によるアフガニスタン攻撃から始まり、
イスラエルによるパレスチナの占領が拡大強化されました。
そして、アメリカはイラク攻撃を強行しようとしています。

私たちは、こんな状況になにができるのか、
どう意思表示したらいいのか、とまどうばかりです。
せめて、月に一回、街頭に立って自分の気持ちを示したい、と
”Women in Black” を始めます。

街頭に立つことで、自分の気持ちをみつめ、道行く人に伝え、
世界中の女たちに心通わせ、戦争による犠牲者を悼み、
戦争と抑圧を許さない!と言い続けます。

”Women in Black” は、1988年にイスラエルの女たちが
パレスチナ占領に抗議するために始めたものです。
毎週定時に黒衣で街頭に立ち、黙ってプラカードを掲げる意思表示は
世界に広がりました。

かつて旧ユーゴスラビアが民族間の殺戮とレイプで被われていた時には、
犠牲者を支え、暴力に抗議して、黒衣の女たちが街頭で反戦を訴え続けました。
その行動は、戦争と軍国主義、女への暴力とたたかう世界各国の女たちに、
大きな勇気を与えたといいます。

今、”Women in Black” は、イスラエル、インド、インドネシア、
カナダ、デンマーク、イギリスなど、さらに世界中に広がっています。
日本でも東京や福岡で行われており、大阪でも始めます。

●黒っぽい服装で、自分のメッセージを持って、自分の責任において立ちます。

●趣旨に共感して参加する人のセクシュアリティは問いません。