au 携帯電話 W41H


利用したハードウェア
利用したソフトウェア
au 携帯電話 W41H 2.4Mbps Packet WIN通信

  本体 SL-C3000のUSBポートにPocket USBホスト ケーブルのミニB5ピンを挿して
  付属のUSBケーブルに携帯電話を接続して
  Pocket USBホスト ケーブルのAタイプ/メスに挿入する。


  [設定]-[システム情報]-[デバイス]-[USB]で
  USB OHCI Root Hubの次に表示される情報を確認する。
 
  USB
   |- USB OHCI Root Hub
   |- au W41H

      Vendor:  Casio Computer CO., Ltd
      Product: au W41H
      Class:   CDC-Control
      ID:      07cf/7052
      Driver:  acm

  モジュール acm.o をロードする。
  
  # depmod -a
  # modprobe acm
  # lsmod

 
  Module                  Size  Used by
  acm                     5776   0 (unused)
  pxa_bi                 24912   0 (unused)
  storage_fd            100336   0 (unused)
  usbdcore               35504   0 [pxa_bi storage_fd]
  usb_ohci_pxa27x        21696   0 (unused)
  usbcore                63264   1 [acm usb_ohci_pxa27x]
  usbdmonitor             5488   0
  usb-monitor             6496   0
  sharp_mmcsd_m          41008   2

  dmesgに表示されたメッセージは、
 
  # dmesg

  メッセージの最後に
 
  usb.c: USB device number 2 default language ID 0x409
  Manufacturer: Hitachi, Ltd.
  Product: au W41H
  SerialNumber: XXXXXXXXXXXX
  usb.c: unhandled interfaces on device
  usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x7cf/0x7052) is not claimed by any active driver.
    Length              = 18
    DescriptorType      = 01
    USB version         = 2.00
    Vendor:Product      = 07cf:7052
    MaxPacketSize0      = 64
    NumConfigurations   = 1
    Device version      = 1.00
    Device Class:SubClass:Protocol = 02:00:00
      Communications class
  Configuration:
    bLength             =    9
    bDescriptorType     =   02
    wTotalLength        = 0074
    bNumInterfaces      =   03
    bConfigurationValue =   01
    iConfiguration      =   00
    bmAttributes        =   c0
    MaxPower            =  100mA

    Interface: 0
    Alternate Setting:  0
      bLength             =    9
      bDescriptorType     =   04
      bInterfaceNumber    =   00
      bAlternateSetting   =   00
      bNumEndpoints       =   01
      bInterface Class:SubClass:Protocol =   02:02:01
      iInterface          =   00
      Endpoint:
        bLength             =    7
        bDescriptorType     =   05
        bEndpointAddress    =   81 (in)
        bmAttributes        =   03 (Interrupt)
        wMaxPacketSize      = 0010
        bInterval           =   10

    Interface: 1
    Alternate Setting:  0
      bLength             =    9
      bDescriptorType     =   04
      bInterfaceNumber    =   01
      bAlternateSetting   =   00
      bNumEndpoints       =   02
      bInterface Class:SubClass:Protocol =   0a:00:00
      iInterface          =   06
      Endpoint:
        bLength             =    7
        bDescriptorType     =   05
        bEndpointAddress    =   82 (in)
        bmAttributes        =   02 (Bulk)
        wMaxPacketSize      = 0040
        bInterval           =   00
      Endpoint:
        bLength             =    7
        bDescriptorType     =   05
        bEndpointAddress    =   02 (out)
        bmAttributes        =   02 (Bulk)
        wMaxPacketSize      = 0040
        bInterval           =   00

    Interface: 2
    Alternate Setting:  0
      bLength             =    9
      bDescriptorType     =   04
      bInterfaceNumber    =   02
      bAlternateSetting   =   00
      bNumEndpoints       =   02
      bInterface Class:SubClass:Protocol =   02:0a:00
      iInterface          =   00
      Endpoint:
        bLength             =    7
        bDescriptorType     =   05
        bEndpointAddress    =   85 (in)
        bmAttributes        =   02 (Bulk)
        wMaxPacketSize      = 0040
        bInterval           =   00
      Endpoint:
        bLength             =    7
        bDescriptorType     =   05
        bEndpointAddress    =   05 (out)
        bmAttributes        =   02 (Bulk)
        wMaxPacketSize      = 0040
        bInterval           =   00
  usb.c: kusbd: /sbin/hotplug add 2
  usb.c: registered new driver acm
  acm.c: v0.21:USB Abstract Control Model driver for USB modems and ISDN adapters

  デバイス /dev/ttyACM0 を作成する
 
  # mknod /dev/ttyACM0 c 166 0  

ダイアルアップ接続(PPP)の設定

  設定メニューの [ネットワーク設定] から
 
  PPPダイアルアップ接続[赤外線]
    [接続先]
      [名前] - au.NET
      [ユーザー名] - au@au-net.ne.jp
      [パスワード] - au
      [電話番号] - *99**24# → 電話機の通信モード設定に従う。
    [ネットワーク]
      × ネームサーバーの自動検出
      × IPアドレスを自動的に取得
    [モデム]
      [初期化コマンド] - ATZ
      [ダイアル方式] - トーン
    [プロキシ]
      プロキシを使用しない

  設定を行うと /etc/ppp/peersに IRDAxxxxxxxxxx で保存されるので
  vi でデバイス名 /dev/ttyACM0 の追加を行い IRDA → /dev/ttyACM0に変更する。
  注意) [ネットワーク設定]の編集をクリックすると修正が元に戻るので再度修正を行う。
 
  noipdefault
  /dev/ttyACM0 115200 → デバイス名 /dev/ttyACM0 を追加
  connect '/usr/sbin/chat -s -v -t 60 ABORT "NO CARRIER" ABORT "NO DIALTONE" ABORT "BUSY" "" "ATZ" OK "ATDT*99**24#" CONNECT "\\d\\d"'  
  crtscts
  lock
  modem
  user "au@au-net.ne.jp"
  usepeerdns
  defaultroute
  mtu 576
  mru 576
  connect-delay 1000
  remotename IRDAxxxxxxxxxx

  これで接続ができるようになります。
  タスクバー地球の接続状態アイコンをクリックして、接続を開始します。
  初期化中 → ダイヤル中 → 認証中 → 接続完了 → 接続中 となります。
  接続を行うと/dev/shm/tmpにログファイル qpe-pppd-log が作成される。
  注意) ログファイル qpe-pppd-log は、再起動すると無くなってしまいます。



  USBホスト Top Page に戻る

  更新日時: 2006/05/03 12:15:25

  お問い合わせ:
  本サイトに対する御意見・質問等はこのページからお願いします。