1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月


▼過去の「ひとこと」ヨリヌキ版です▼

9/3
昨日は打合せの帰り、映画『LOVERS』を観て来ました。
おすぎが「良くない」って言っていたので、期待もしてなかったんですけど、なんか納得。
全体に浅い印象を受けました。

舞台は中国・唐の時代。
父親(反政府組織の頭目)の敵討ちの為、踊子に扮する盲目の女(チャン・ツィイー)と、その組織を潰す為に密命を負った男(金城武、アンディ・ラウ)の愛と謀略の物語です。
…って言うと、壮大な感じに聞こえますが、要は女一人を、男二人が取合う話。

この映画がイマイチなのは、チャン・ツィイーと金城武の『愛』に説得力がないトコロですね。
出会って3日で愛しあうのは良いんですけど、そこに強烈なきっかけとか、理由付けが全然ないんですよ。
だから観ていて感情移入しずらいですし、物語の殆どが『愛』に終始しているので、その時代背景を楽しむ事もできませんでした。

ただ良いトコロもないわけじゃなくて、映像の見せ方やアクションは面白く感じました。
それから驚いたのが金城武!
私はあまり好みじゃないんですけど、凄くいい男に見えました!!
色気プンプンというか、セクシーというか。
多分こういう人が近くにいたら、たいていの女性は惚れますね。
と言う事で、いい男を観たい人にはオススメかもです。

9/6
人から誘われて、mixiとやらを始めました。
これはいわゆるブログの一種と捉えて良いんでしょうか?
誰かの紹介がないと登録&閲覧ができないという、友人・知人の交流活性化ツールです。
提供されたページに日記を書いたり、どういう人と友達なのかリストが表示されるみたいです。
で、既にmixiに登録されている方がいらっしゃいましたら、是非私の事も探してみて下さいね。(そして是非、マイミクに追加を〜)

でもインターネット上でも、次から次へと、いろんなモノが流行りますね〜。
mixiをやってる人達も、結構ハマってる人が多いらしいし。
とくにこういうツールが流行るって事は、皆誰かと繋がっていたいって事なんですかね?
「袖ふり合うも、他生の縁」なんて言いますから、インターネット上での交流も、あながちバカにできませんしね!
とりあえず、ちょっとづつ活用していけたらな〜、なんて思っています。

9/11
昨日は、ひろこじサンのイラスト展に行って来ました。
今回の作品は、映画がテーマ。
インディージョーンズやスパイダーマンが大変な事になってました!
多分そのうちHPにもアップしてくれると思うので、是非皆さんも見て笑って下さいね。

ところで今回、六本木の556-kokoro-というバーでの開催でした。
隠れ家的なお店で、入店するのもパスワード制!
お店の雰囲気も良いし、居心地抜群な感じでした。
しかもオリジナルカクテルの名前が、映画にちなんだものばかりで、映画好きにはもってこい。
どんなお酒が出てくるのか、そういう楽しさもありました♪
でも一番気になったお酒が、「裸にエプロン」。
そんな映画、あったっけか〜…。
もしまた行く事があったら、勇気を出して頼んでみますっ。

9/14
よく強盗事件のニュースで、「バールのようなもの」って表現が出て来ますね。
「ようなもの」って何だよ…と思っていたら、昨日は「棒のようなもの」「紐のようなもの」という表現が出て来ました。
どうもドラッグストアの店長が、棒のようなもので殴られ、紐のようなもので縛られたらしいんですけど…。
そんなに特定できないようなものって、何なんでしょうね。
逆に気になって仕方ないです!

9/17
もうそろそろフライパンの換え時です。
色んなものが焦げ付いちゃって、料理に支障きたしてますね。
でもまだ、捨てる踏ん切りがつきません。
というのも、このへっぽこフライパン、「おこげ」だけは旨いんです!!

ある時チャーハンを作ってたら、どうしようもないくらい「おこげ」が出来たんですよ。
あんまりにも量が多かったもんで、ちょっと食べてみたら…
美味でした。
衝撃でした。
多分『ミスター味っ子』だったら、みんな空飛んでますね。

でもホントはレミパンが欲しいのですよ。
これがあったら私の料理嫌いも、ちった〜緩和されるんじゃないかと。
誰か買ってくれないですかにぃ〜。

9/19
昨日は試写会2本立て。
1本目は浅野忠信、小泉今日子主演の『SURVIVE STYLE5+』を、2本目は『ガーフィールド』を観て来ました。

まず1本目の『SURVIVE STYLE5+』は、CM界の鬼才(?)・多田琢と、関口現の作品です。
ジャンル的にはコメディでしょうか?
非現実的な世界で5つの話が展開する、オシャレムービー。
60〜70年代風のポップなアイテムと色使い、ハイテンポでぶっ飛んだストーリーが面白いです。
次から次へと「ありえない!!」事が起こって、今度はどうなるのかとワクワクしながら観られる感じ。
例えば、殺しても殺しても死なない妻がいて、それがどんどん強くなっていくんですよ。
しまいにゃロケットパンチまで出しちゃったりして、ホントありえないです。
出演者それぞれも個性的で、そういう部分も楽しかったですね。

続いて2本目は『ガーフィールド』。
ちょっとイジワルでぐ〜たらな、猫のガーフィールドのお話です。
映画は子犬のオーディーと、オーディーを救出するガーフィールドの友情(?)物語でした。
ストーリーに奇抜さはないんですけど、大人から子供まで、純粋に楽しめる映画でしたね。(夏休み映画にすれば良かったのに)
でもガーフィールドの声は『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイで、ちょっとオッサンくさかったです。
観ているウチに気にはならなくなるんですけど。
ちなみに吹替え版は、同じく『ロスト・イン・トランスレーション』の藤井隆(笑)
私はこっちが観たかったかも。

9/22
この前電車に乗ったら、車両の連結部分に、どっかり座り込んでる子達がいました。
時々いるんですよね、こういうバカタレ…。
私が通ろうとしても立ち上がる気配がなく、仕方ないのでまたいで来ました。
座っていたい気持ちはわからなくもないけど、他人にまたがれて嫌じゃないんですかね?
それとも普通の人は、そこまでして通らない?
ちょっとムカついたから、わざと彼らの上で転べば良かったかな〜…なんて思いました。(ちょうどヒールはいていたし)

9/24
去年買った秋物のパンプスが、どうにも足にあいません。
色とか形は良いんだけど、長く歩くとダメですね。
ウチは駅まで遠いので、改札に到着する頃にはヘロヘロです(私が…)。
で、仕方ないので新しいのを買いました!
ババーンとカードで!

でも靴を買うのって、難しいですね。
値段が高くても足にあわない場合もあるし、逆に安物なのに長年愛用しちゃうくらい良かったり。
去年買ったブーツと、今年の夏買ったサンダルは、安物だけど当たりでした♪
今回は安くないけど…、どうでしょうね。
愛用の一足になると、嬉しいです。

9/28
先日また、映画2本立て行って来ました。
観たのは『バイオハザードII』と、『スウィングガールズ』です。

まず『バイオハザードII』ですが、1作目からの続きで、今回はウィルスに汚染されたラクーンシティ(地上)が舞台です。
一言で説明すると、「封鎖されたラクーンシティから、主人公アリスは博士の娘を救出できるのか!?」って話。
あいかわらずゾンビがウヨウヨ出て来て、ビビりまくりの鑑賞でした。
そして前作との違いは、アリスがより強くなった事!
人間の域を超えているので、アクションシーンが凄いんです。
ビルだって駆け降りちゃうし、なんだかよくわからないくらい色々爆破していました。
ただ一つ、残念な点が。
あまりにも強くなり過ぎたせいで、ホラーの醍醐味である恐怖感が薄れていました…!!
まぁ、アクションものと思えば良いんですけどね。
でももう少し、怖がらせて欲しかった気がします。

で2本目は、「ジャズやるべ!」のCMでお馴染み『スウィングガールズ』。
東北の女子高生がジャズに目覚めるという話で、彼女達の一生懸命な姿が胸を打つ作品。
観ているうちにこちらまでジャズに目覚めそうで、終盤に差し掛かる頃には、体が勝手にスウィングしてます(笑)
派手さはない作品ですが、さわやかな青春映画で、誰でも楽しめる良い話でした。

★戻る★