日付入りの時計を表示させよう
表示の例
 今日の日付が入った時計です。
プログラムAのソースをコピーして、日付入りの時計を表示させたい場所のHTMLソースの BODY区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<FORM name="myform3">
<INPUT name="myclock3" size="35"></FORM>
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
Clock3();
//-->
</SCRIPT>
テキストボックスのよこの大きさをかえる場合は、size="35" の 35 をかえてください。
プログラムBのソースをコピーして、HTMLソースの HEAD区間に貼り付けしましょう。
プログラムBのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function Clock3(){
myDate=new Date();
myyear=myDate.getFullYear();
mymonth=myDate.getMonth()+1;
myday=myDate.getDate();
myhour=myDate.getHours();
myminute=myDate.getMinutes();
mysecond=myDate.getSeconds();
if (myyear<1000) {myyear+=1900}
if (myhour<10) {myhour="0"+myhour}
if (myminute<10) {myminute="0"+myminute}
if (mysecond<10) {mysecond="0"+mysecond}
document.myform3.myclock3.value=" "+myyear+"年"+mymonth+"月"+myday+"日"+myhour+"時"+myminute+"分"+mysecond+"秒";
setTimeout("Clock3()",1000);
}
//-->
</SCRIPT>
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ