時間によってちがうメッセージをステータスバーに表示させよう
 表示の例は、画面のいちばん下を見てください。
プログラムAのソースをコピーして、HTMLソースのHEAD区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
Ames=new Array(24);
Ames[0]="午前0時をすぎました・・・";
Ames[1]="午前1時をすぎました・・・";
Ames[2]="午前2時をすぎました・・・";
Ames[3]="午前3時をすぎました・・・";
Ames[4]="午前4時をすぎました・・・";
Ames[5]="午前5時をすぎました・・・";
Ames[6]="午前6時をすぎました・・・";
Ames[7]="午前7時をすぎました・・・";
Ames[8]="午前8時をすぎました・・・";
Ames[9]="午前9時をすぎました・・・";
Ames[10]="午前10時をすぎました・・・";
Ames[11]="午前11時をすぎました・・・";
Ames[12]="正午をすぎました・・・";
Ames[13]="午後1時をすぎました・・・";
Ames[14]="午後2時をすぎました・・・";
Ames[15]="午後3時をすぎました・・・";
Ames[16]="午後4時をすぎました・・・";
Ames[17]="午後5時をすぎました・・・";
Ames[18]="午後6時をすぎました・・・";
Ames[19]="午後7時をすぎました・・・";
Ames[20]="午後8時をすぎました・・・";
Ames[21]="午後9時をすぎました・・・";
Ames[22]="午後10時をすぎました・・・";
Ames[23]="午後11時をすぎました・・・";
function TimeMes(){
myDate=new Date();
myTime=myDate.getHours();
window.status=Ames[myTime];
}
//-->
</SCRIPT>
プログラムAのソースの中で、Ames[10] の 10 は午前10時になればステータスバーに表示されるメッセージです。このソースでは 午前10時をすぎました・・・ というコメントだけにしています。あなたのアイデアで、楽しいコメントを追加してみてください。
プログラムBのソースをコピーして、HTMLソースの<body の y のすぐうしろに半角スペースをひとつ入力してから貼り付けしましょう。
プログラムBのソース
onload="TimeMes()"
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ