ブラウザ(ホームページを見るソフト)の情報を表示させよう
表示の例
 ブラウザや画面の情報が、アラートで表示されます。
プログラムAのソースをコピーして、ボタンを表示させたい場所のHTMLソースのBODY区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function info(){
alert("ブラウザ名 : " +navigator.appName + "\n\nバージョン : " + navigator.appVersion + " \n\nコードネーム : " + navigator.appCodeName + "\n\n画面のサイズ : " + screen.width + "×" + screen.height + "\n");
}
//--> 
</SCRIPT>
<FORM><INPUT type="button" value="ブラウザ情報" onclick="info()"></FORM>
ボタンの文字は、いちばん下の行の value="ブラウザ情報" の ブラウザ情報 をあなたの好きな文字にかえてください。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ