ボタンを押すたびにちがうページへリンクさせてみよう
表示の例
 ボタンを押すたびに、色々な検索サイトへリンクします。
プログラムAのソースをコピーして、ボタンを表示させたい場所のHTMLソースのBODY区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
url=new Array(5);
url[0]="http://www.yahoo.co.jp/";
url[1]="http://www.infoseek.co.jp/";
url[2]="http://www.excite.co.jp/";
url[3]="http://www.google.co.jp/";
url[4]="http://www.goo.ne.jp/";
function Jump(){
jumpurl=Math.floor(5*Math.random());
location.href=url[jumpurl];
}
//-->
</SCRIPT>
<FORM><INPUT type="button" value="ランダムリンク" onClick="Jump()"></FORM>
プログラムAの4行目から8行目に、リンクするサイトのアドレス(URL)が書いてあります。例では5つのサイトが不特定に選ばれます。
url[0]="http://www.yahoo.co.jp/"; などの http://www.yahoo.co.jp/ をあなたがリンクさせたいサイトのアドレスにかえてください。
この例では url[0] から url[4] まで、5つのサイトが設定してあります。もしリンクするサイトの数を増やすなら、url[5] 、url[6] 、というようにソースの追加をしてください。その場合には、プログラムAのソースの url=new Array(5); と jumpurl=Math.floor(5*Math.random()); のところの 5 をリンクするサイトの数にかえてください。
新しいウインドウでリンクさせたい場合は、下のソースをお使いくださいね。
新しいウインドウへリンクするタイプのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
Url=new Array(5);
Url[0]="http://www.yahoo.co.jp/";
Url[1]="http://www.infoseek.co.jp/";
Url[2]="http://www.excite.co.jp/";
Url[3]="http://www.google.co.jp/";
Url[4]="http://www.goo.ne.jp/";
function Jump_win(){
Jumpurl=Math.floor(5*Math.random());
window.open(Url[Jumpurl],"","toolbar=yes,menubar=yes,location=yes,status=yes,scrollbars=yes,resizable=yes");
}
//-->
</SCRIPT>
<FORM><INPUT type="button" value="ランダムリンク" onClick="Jump_win()"></FORM>
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ