相手の答えによってちがうページにジャンプさせよう
表示の例
 ボタンを押すと、質問のアラートが表示されます。
どちらかをえらんでもらってジャンプさせます。(ブラウザの戻るボタンで戻りましょう)
プログラムAのソースをコピーして、ボタンを表示させたい場所のHTMLソースのBODY区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function kensaku(){
quest=confirm("Yahoo! か Google をおすすめしますが\n\nYahoo! でいいですか?");
if(quest==true){
location.href="http://www.yahoo.co.jp/";
}else{
location.href="http://www.google.co.jp/";
}
}
//-->
</SCRIPT>
<FORM><INPUT type="button" value="おすすめ検索" onClick="kensaku()"></FORM>
プログラムAのソースの上から4行目に、質問のアラートの中に表示するコメントを書き込みます。\n は改行(行をかえる)のための記号です。
上から6行目の location.href="http://www.yahoo.co.jp/"; の http://www.yahoo.co.jp/ をOKボタンをクリックした時にジャンプするページ(例ではYahoo!)のアドレスにします。そして8行目をキャンセルボタンをクリックした時にジャンプするページ(例ではGoogle)のアドレスにかえてください。
いちばん下の行の value="おすすめ検索!" の おすすめ検索 がボタンに表示される文字ですから、あなたの好きな文字にかえてくださいね。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ