10秒後に違うページへジャンプさせよう
表示の例
 ボタンを押すとウインドウが開き、10秒後に違うページへジャンプします。
(例ではYahoo!にジャンプします)
プログラムAのソースをコピーして、HTMLソースのHEAD区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
setTimeout("location.href='http://www.yahoo.co.jp/'",1000*10);
//-->
</SCRIPT>
プログラムAのソースの上から3行目の "location.href='http://www.yahoo.co.jp/'" のところが10秒後にジャンプする先のアドレスです。例ではYahoo!へジャンプするので、http://www.yahoo.co.jp/ となっています。ここをあなたがジャンプさせたいページのアドレスにかえてください。
同じ行の 10 が10秒後にジャンプする設定のところですから、秒後にしたい場合は 5 にします。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ