IEやNNによって自動的に違うページへリンクさせる
このサイトのメニューにはありませんが、ソースをご紹介します。
ブラウザによって専用のファイルを表示する事ができます。
ソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
if(navigator.appName.charAt(0)=="N"){
location.href="nn_page.html"
}
if(navigator.appName.charAt(0)=="M"){
location.href="ie_page.html" 
}
//-->
</SCRIPT>
このソースはHEAD区間に貼り付けてください。
このソースの例では、ブラウザが Netscape Navigator の場合は、nn_page.html というページへ自動的にリンクし、Internet Explorer の場合は、ie_page.html というページへリンクします。
それぞれのファイル名を、あなたがリンクさせたいページのファイル名にかえてください。
自動的にリンクさせるのではなく、ボタンを押してIE、NN用のそれぞれのページへリンクさせる場合は、下のソースをお使いください。
表示例
ソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function navipage(){
if(navigator.appName.charAt(0)=="N"){ 
location.href="nn_page.html"
}
if(navigator.appName.charAt(0)=="M"){
location.href="ie_page.html" 
}
}
//-->
</SCRIPT>
上のソースはHEAD区間に貼り付けてください。
ボタンのソース
<FORM>
<INPUT type="button" value="GO!" onClick="navipage()">
</FORM>
ボタンのソースは、表示させたい場所に貼り付けてくださいね。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ