「パスワードでリンクさせてみよう」がうまく出来ない
パスワードでリンクさせてみよう のページでご紹介しているソースは、パスワードのボックスに入力された文字.html のファイルへリンクするソースです。
もし secret.html というファイル名のページを作ったなら、パスワードのボックスに secret と入力してボタンを押せばリンクします。
この場合、パスワードは secret になりますから、このパスワードを知っているが、パスワードのボックスに入力してボタンを押すと、secret.html へリンクする事ができます。
確認としては、すでにあななたが作っているページ・・・たとえば index.html とか link.html などがあれば、パスワードのボックスに index や link と入力してボタンを押した場合に、そのページへのリンクが出来ればOKです。
今までによくあった、うまくいかない場合のソースの例をご紹介します。
〜プログラムAのソースの場合〜
うまくいかないソース
<FORM name="pass">パスワードを入力してねっ☆
<INPUT type="password" name="
password" size="10">
<INPUT type="button" value="入るっ!" onClick="
secret.html">
</FORM>
正しいソース
<FORM name="pass">パスワードを入力してねっ☆
<INPUT type="password" name="
word" size="10">
<INPUT type="button" value="入るっ!" onClick="
PassLink()">
</FORM>
2行目の正しいソースは name="word" ですから、ここを変更する必要はありません。
同じく3行目も onClick="PassLink()" が正しいソースですから、変更しないでください。
〜プログラムBのソースの場合〜
うまくいかないソース 正しいソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function PassLink(){
PassWord=document.pass.word.value;
location.href=""+
secret+".html";
}
//-->
</SCRIPT>
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function PassLink(){
PassWord=document.pass.word.value;
location.href=""+
PassWord+".html";
}
//-->
</SCRIPT>
5行目のところを変更してはいけません。
プログラムBのソースで変更するところは、あなたが作成したページのファイル名によって、ソースの html を htm にかえるかどうかだけですから、他は何も変更する必要はありません。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ