ページが表示されるたびに背景の色をかえてみよう
表示の例
 ボタンを押すとウインドウが開き、ページが表示されるたびに背景の色がかわります。
プログラムAのソースをコピーして、HTMLソースのBODY区間に貼り付けしましょう。できるだけ上のほうがいいので、<body>タグのすぐ下あたりに貼り付けましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
back=new Array(5);
back[0]="#FCF49C";
back[1]="#BCF47C";
back[2]="#FF9933";
back[3]="#C49CF4";
back[4]="#F494D4";
colorCode=Math.floor(5*Math.random());
document.bgColor=back[colorCode];
//-->
</SCRIPT>
5つの色が不特定にえらばれます。色をかえたい時は、back[0]="#FCF49C"; などの #FCF49C をあなたの好きな色にかえます。色によっては、書いてある文字が見にくくなるかもしれないので、写真のページなんかにいいと思いますよ。
例では back[0] から back[4] まで、5つの背景色が設定してあります。さらに色の数を増やす場合には、back[5] back[6] 、というようにソースの追加をしてください。その場合には、プログラムAのソースの back=new Array(5);  colorCode=Math.floor(5*Math.random()); のところの 5 を色の数にかえてください。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ