ボタンでアラートを表示させよう 2
表示の例
 ボタンを押すと、質問のようなアラートが表示されます。
プログラムAのソースをコピーして、ボタンを表示させたい場所のHTMLソースのBODY区間に貼り付けしましょう。
プログラムAのソース
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
function dialog(){
flag = confirm("楽しいですか?");
if (flag==true) alert("よかったですね");
else alert("ざんねんですね");
}
//-->
</SCRIPT>
<FORM><INPUT type="button" value="学校は?" onClick="dialog()"></FORM>
学校は? というボタンを押すと、楽しいですか? という質問のアラートが表示されます。その中に [OK] と [キャンセル] のボタンがついていて、[OK] を押すと よかったですね のコメントが表示され、[キャンセル] を押すと ざんねんですね のコメントが表示されます。
プログラムAのソースのそれぞれの文字を、あなたが考えたコメントにかえて、楽しい使い方をしてみてくださいね。
ソースの文字をかえる時に、" や ; を消してしまわないようにしてください。
5・6年生にもわかるやさしいJavaScriptのTOPへ