フレームを使う
表示の例
左右に分割 上下に分割
フレームを使用すると、ウインドウを仕切ってそれぞれのファイルが表示できます。
フレームで左右にページ(ファイル)を表示するソースは下のようになります。
(必ず一度メモ帳などに貼り付けてから、あなたのページのHTMLソースに貼り付けてください)
ソース
<html>
<head>
<title>○○のページ</title>
</head>
<frameset framespacing="0" frameborder="0" border="0" cols="150,*">
<frame name="menu" src="frame1.html" scrolling="auto">
<frame name="main" src="frame2.html" scrolling="auto">
<noframes>
<body>
<p>このページにはフレームが使用されていますが、お使いのブラウザではサポートされていません。</p>
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>
<frameset framespacing="0" frameborder="0" border="0" cols="150,*"> のところで、フレーム全体のプロパティーを指定しています。cols="150,*"の 150 が「表示の例」のAのフレームの幅になります。その他は枠の大きさなどですから、あなたのお好みにかえてみてください。
<frame name="menu" src="frame1.html" scrolling="auto"> のところは、Aのフレームのプロパティーを指定しているところです。name="menu"の menu がAのフレーム名になります。フレーム名があるのは、リンクなどの際にフレームを識別させるためです。src="frame1.html" の frame1.html がAのフレームに表示されるファイル名ですから、あなたの表示させたいファイル名にかえてください。
<frame name="main" src="frame2.html" scrolling="auto"> のところは、Bのフレームのプロパティーを指定しているところです。フレームAと同じように、フレームの名前や表示するファイル名が書いてあります。
通常であれば、フレームAにメニューなどを表示して、フレームBにリンク先を表示するパターンが多いと思います。その場合のソースは <a href="○○.html" target="main">○○のページへ</a> というように target="main" でBのフレームのフレーム名を指定します。
もしページ全体にリンクする場合は target="_top" 新しいウインドウなら target="_blank" にします。
フレームで上下にページ(ファイル)を表示する場合は、cols="150,*" のところを rows="150,*" にします。
<noframes> から </noframes> までの部分は、フレームを表示できないブラウザなどに対するコメントです。
ホームページお役立ち小技集のTOPへ