心の輝き


                   2018.11.7

起きていることを変えたいと思ったとき

時々不安になることがあります。

現在の状況は、環境を変えたら変わるのだろうか・・・。

特に人間関係においては、環境が変わり人が変わってもよく

似た出来事が形を変え、人を変え起きてくることがあります。

物事に対する自分の反応の仕方が、依然として変わらない場合

は、周りの人々が変わっても過去と同じように感じます。


私たちの未来が、関係性の中で調和し安らぎに満ちたものと

なるためには、先に心の中に調和と安らぎを築いておく必要が

あります。そうすれば、人に対する自分の反応を変えることが

できます。


家族との関係を良くしたい。

パートナーとの関係を何とか幸せなものにしたい。

友達と信頼関係を築きたい。

職場では自分の才能を活かして、活躍したい。

上司や同僚とうまくやっていきたい。


こうした望みを達成するために、人はたくさんの努力をおしみません。

しかしその努力、それが相応しい方法なのかについて検討すること

も大切です。


現象は影絵のように、心の中にあるものが外側に照らし出されたもの

です。

パートナーと理解しあい、支えあい愛しあいたいと望むなら、

心の中にパートナーへの理解と支えと愛を持つ必要があります。

しかし、心の奥では過去のパートナーや人に対する憎しみや恨みや

敵意を抱きながら、愛を求めていることが多いです。

済んでしまった過去のことだから、もう関係のないことだと考えます。

それに、あのような人だったから起きたことであって、あの人がいなく

なった今、自分には何の関係もないと考えてしまいます。



ヒーリングセッションにおいて、過去のことが未完了のままに傷跡

となっていたり、否定的な信念となったまま置き去りになったり

相手とのエネルギー的なコードが、関係が終わってもう何年もたつ

のに結ばれたまま残り、現在の意識に多大な影響を与えている

様子をたくさん見てきました。

これらが、環境や人が変わってもよく似た苦痛を味わう原因となって

います。


私たちはこうすれば、人とうまくいくだろうと考えられるような

努力をします。

自分を押し殺して譲歩することや、本当の気持ちを隠すことや、

自分は絶対に好かれないと信じながら、愛されようとします。

人をとっても恐れながら、勇気を振り絞って頑張ろうとします。

内側にある否定的な想いは、求めながらも得ることを困難にします。


関係性における、ネガティブな絆や信念、また成功を妨げるものを

手放すこと、トラウマの解消、関係性が創りだすバックアップされた

様々な暗闇のエネルギーなどを浄化することなどが、次のステップ

に向けて大いに役立ちます。

内側に持っているものが、やってくるからです。

暗闇を光に変えて、安らぎが広がっていきますように。


晩秋がきて、街角にイルミネーションが輝く季節になりましたね。

心の光が意識のエネルギーを高め、新しい世界を受け取れますように。

                                葉香   



     前頁を見る


                  ホームに戻る