News

点訳のご依頼、ご意見、ご感想
戻る

『パソコン点訳ボランティア養成講座』のご案内

『各種機器体験会』の開催日程

『第48回日本彫刻会展覧会』 のご案内

音声解説付きDVD映画の体験上映会・川崎 『ALWAYS三丁目の夕日‘64』

『シネマ・チュプキ・タバタ ユニバーサルシアター』上映のご案内

『かわさき春のコンサート』開催のおしらせ

劇団民藝公演 『ペーパームーン』 バリアフリーサポート

劇場で楽しめる、スマホで聴く音声ガイド『UDCast』のご案内

ページの先頭へ戻る


『パソコン点訳ボランティア養成講座』のご案内

パソコンで点訳のボランティアをしてみませんか?

○内容

点訳の基本ルールと点訳ソフトの使用方法を学びます。

○日時・場所

平成30年5月9日~6月20日の水曜日(全7回) 10時~12時

すみだ福祉保健センター4階 集会室 墨田区向島3-36-7
東武線「スカイツリー駅」より徒歩10分
半蔵門線・京成線「押上駅」より徒歩5分

○対象

パソコンの基本操作ができ、講座修了後引き続き墨田区でもボランティア活動をする意思のあるかた。

○定員 10名(応募者多数の場合は抽選)

○費用 1350円(教材費)

○問合せ

すみだ福祉保健センター 管理課 小堀 
電話:03-5608-3723  FAX:03-5608-3720、
または  点訳きつつきまで 電子メールでお申し込み下さい。
電子メール:kitsutsuki@sky.sannet.ne.jp
※ FAXで申し込みの際は、住所、氏名、電話番号、FAX番号を必ず記入して下さい

ページの先頭へ戻る


『各種機器体験会』の開催日程

<プレクストークPTR3体験会>

新しく発売予定のプレクストークPTR3の体験会を開催いたします。当日メーカー担当者から製品の操作方法、前機種からの変更点の説明を受けることができます。

・開催日: 平成30年5月19日(土曜日)
・時間:10時から12時、13時から15時の2回
・定員: 各回5名(要予約)

・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<プレクストークリンクポケット体験会>

パソコンを使わずサピエ図書館にあるデイジー図書をストリーミング(再生)または、ダウンロード(リンクポケットに保存)して聴くことができる小型のデイジー再生機です。図書検索、ダウンロードなどの体験ができます。

・開催日: 平成30年5月16日(水曜日)
・時間:10時から12時、13時から15時の2回
・定員: 各回6名(要予約)

・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイルメモシリーズなどKGS製品の体験会(購入を検討されているかた)>

点字文書の作成・編集のほか、音声図書の再生やメモ録音、墨字文書の作成・編集などができる点字ディスプレイの、ブレイルメモスマート16・スマート40について、メーカーの担当のかたから説明を受けながら、機器の体験ができます。
・開催日: 平成30年5月11日(金曜日)
・時間:10時から12時のみ
・定員: 各5名(要予約)

・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイルメモシリーズなどKGS製品の体験会(既にお持ちのかた)>

点字ディスプレイブレイルメモシリーズのご不明な操作方法について、メーカーの担当のかたから説明を受けることができます。日頃の操作で困っている点などをご質問いただけます。

・開催日: 平成30年5月11日(金曜日) 
・時間: 13時から15時のみ
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 
多目的室C

<ブレイルセンスオンハンドU2ミニ体験会 (購入を検討されているかた)>

機器の概要について説明し、サピエ図書館から図書のダウンロードや、インターネットにつないでYou Tubeを視聴する、など具体的な活用方法をご紹介します。

・開催日: 平成30年5月24日(木曜日) 
・時間: 13時30分から15時のみ。
・定員: 5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイルセンスオンハンドU2ミニ体験会 (既に使っているかたで具体的なご質問のあるかた)>

既にお持ちのかたで、使いかたがご不明な点につきまして個別のご相談に応じます。

・開催日: 平成30年5月24日(木曜日) 
・時間: 15時から17時のみ

・定員: 1名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

<ブレイズET体験会>

新製品のブレイズETはOCRによる活字文書読み上げ、DAISYオンライン機能、メディアプレーヤー、カラーリーダー、Podcastなど多彩な機能を備えたマルチプレーヤーです。この機会にぜひお試しください。

・開催日: 平成30年5月24日(木曜日) 
・時間: 10時から12時のみ。
・定員:5名(要予約)
・会場: 日本点字図書館 3階 多目的室C

予約・問合せ

社会福祉法人 日本点字図書館 用具事業課 わくわく用具ショップ 
電話:03-3209-07519時から16時まで)
電子メール: yougu@nittento.or.jp
関連URL: http://www.nittento.or.jp/news/yougu_trial.html
日本点字図書館ホームページ: http://www.nittento.or.jp/

ページの先頭へ戻る


『第48回日本彫刻会展覧会』 のご案内

 彫刻の美しさ、豊かな生命感・存在感 そして空間との対話を求めて。

○日時・会場

平成30年4月19日(木曜日)~5月2日(水曜日)  
       
 9時30分~17時30分(入場は17時まで)

 *最終日は15時閉会(入場は14時30分まで)

  東京都美術館 ギャラリーA・B・C 東京都台東区上野公園8-36

JR「上野駅」公園口より徒歩7分

東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口より徒歩10分

京成電鉄「上野駅」より徒歩10分

美術館へのお問い合わせ 電話03-3823-6921

東京都美術館ホームページ: http://www.tobikan.jp


〈ギャラリートーク

 期間中 毎日14時~ (4月21日(土曜日)及び最終日5月2日(水曜日)を除く)

 出品作家が直接作品を前にして、わかりやすく解説いたします。参加希望のかたは、14時に会場入口にお集まりください。

 〈タッチツアー、鑑賞教室

 彫刻は触覚にも訴える芸術です。日彫会では、視覚障害のかたにも作品に触れて鑑賞をしていただいています。タッチツアーは会場の係に当日お申し出ください。

 また、盲学校の課外授業の一環として、鑑賞教室も実施しています。鑑賞教室は学校単位で、事前に日彫会事務所までお申込みください。

○入場料

 一般:700円(20名以上1人400円)/大学生:300円(20名以上1人200円)/
 
 (入場料無料)
  ・高校生以下、65歳以上のかた、
  ・障がい者手帳をお持ちのかたと付添2名まで
  ・東京都美術館の特別展半券提示の場合

○問い合わせ・申込み

公益社団法人 日本彫刻会 電話03-3209-1861 FAX 03-3232-0557
Eメール:jimu@niccho.com
関連URL:http://www.niccho.com/news02.htmll
日本彫刻会ホームページ:http://niccho.com/

ページの先頭へ戻る


音声解説付きDVD映画の体験上映会・川崎 『ALWAYS三丁目の夕日‘64』

川崎市視覚障害者情報文化センターでは、今年度から音声解説付きDVD映画の体験上映会を開催しております。
(音声解説とは、登場人物の動きや背景等、映画の視覚情報を言葉で説明した音声ガイドです。)
今回は、監督・脚本山崎貴の『ALWAYS三丁目の夕日‘64』です。

○日時・場所

平成30年4月28日(土曜日) 13時30分より

川崎市視覚障害者情報文化センター(多目的室)  川崎市川崎区堤根34番地15(ふれあいプラザかわさき3階)
JR「川崎駅」より徒歩15分
京急「八丁畷駅」より徒歩5分

○内容

2012年公開作品前作「ALWAYS続・三丁目の夕日」から5年後となる昭和39年を舞台に、それぞれ人生の転機を迎える夕日町三丁目の住民たちの姿を描く。戦後19年がたち復興を遂げた日本は高度経済成長の真っただ中で、東京オリンピックの開催もひかえ熱気に沸いていた。夕日町三丁目に暮らす芥川家には間もなく家族が増える予定で、鈴木オートの事業も好調。それぞれに賑やかな日々を送っていたが……。
監督・脚本:山崎貴、脚本:古沢良太、原作:西岸良平、出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子ほか。

○料金 無料 (予約は不要です)

○問合せ

川崎市視覚障害者情報文化センター  電話: 044‐222‐1611、 FAX : 044‐222‐8105
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
関連URL:
http://www.kawasaki-icc.jp/news/index.html#20180401c
川崎市視覚障害者情報文化センターホームページ: http://www.kawasaki-icc.jp

                                                   ページの先頭へ戻る


『シネマ・チュプキ・タバタ ユニバーサルシアター』上映のご案内

目の不自由な人も、耳の不自由な人も、どんな人も一緒に映画を楽しめるユニバーサルシアター。
新旧とりまぜて、選りすぐりの映画を上映しています。是非、ご来館ください。

・ユニバーサルシアターとは
 イヤホン音声ガイド付き・・・視覚に障碍のあるかたも映像の解説を聴きながら楽しめます。
 字幕付き上映・・・視覚に障碍のあるかたも、日本語字幕を見ながら楽しめます。
 車いすスペースの設置・・・車いすのまま、客席に入れます。
 親子鑑賞室の設置・・・小さなお子様をお連れのかたも、安心して楽しめます。

・ご入場に際するご注意
チケットは当日販売いたします。各回入替制です。お席は当日先着順の自由席です。
お席はご予約のかた優先ですが、ご予約のお客様が上映時間になってもいらっしゃらない場合は、
当日ご来場のかたにお席をご案内します。(遅れる場合はご連絡ください)
駅からの誘導、手話サポート、親子室や車いすスペースご利用をご希望のかたは、必ず3日前までにご予約をお願いします。

○定員  20名

<4月の上映プログラム>

関連URL:http://chupki.jpn.org/archives/category/schedule/201804

① 『人生フルーツ』 (2017年日本91分)

自身が設計を任された名古屋近郊のベッドタウン、高蔵寺ニュータウンに夫婦で50年間暮らす90歳の夫・修一さんと、敷地内の雑木林で育てた野菜や果実で得意の料理を手がける87歳の妻・英子さんの津端夫婦。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、日本人があきらめてしまった、本当の豊かさを見つめなおす。さまざまな社会問題を取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第10弾。

ナレーション:樹木希林、 プロデューサー:阿武野勝彦、音楽:村井秀清、監督:伏原健之、 制作・配給:東海テレビ放送

○日時 平成30年4月15日(日曜日)~30日(月曜日) 15時00分〜16時31分/19時15分~20時46分

○料金 一般 1,500円、シニア(60才以上)1,000円、学生 1,000円、中学生以下 500円

② 『チップス先生さようなら』 (1939年 イギリス、114分)

イギリスのとある全寮制のパブリック・スクールに、真面目なチップス先生が赴任してきた。チップスは、カタブツで融通が利かず、生徒からの評判も悪い。しかし、聡明な女性キャサリンと出会い、結婚したことを機に柔軟な人柄となり、生徒からも慕われる有名な先生になっていく。愛妻キャサリンが亡くなり、かつての教え子たちも出征した第一次世界大戦を経た今、年老いたチップスは、学校の門前に住み、生徒たちの顔を見ながら余生を過ごしていた……。尊い命が時代の流れに呑み込まれていく中、愛をもって生き続けていくことの重要性が端正なタッチがわかりやすく描かれている。20代から80代までを演じる主演のロバート・ドーナットは、本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞。

監督:サム・ウッド、 原作:ジェームズ・ヒルトン

キャスト:ロバート・ドーナット、グリア・ガースン、テリー・キルバーンほか

○日時  平成30年4月15日(日曜日)〜30日(月曜日)10時30分~12時24分


○料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生 ・中学生以下 1,000円/中学生以下500円

③ 『笑う101歳×2笹本恒子むのたけじ』 (2017年日本、119分)

ともに100歳を数える報道写真家とジャーナリストの男女の生きかたに迫るドキュメンタリー。日本初の女性写真家で「今も現在進行形」と語る笹本恒子と、新聞記者として戦前戦後を生き抜き「今が人生のテッペン」と語る伝説のジャーナリス、むのたけじ。2人はともに、日本特有の狭い価値観からは距離を置き、フリーランスの写真家、ジャーナリストとして独自の道を歩んできた。100歳を超えた現在も現役で活躍し、笑いながら終えようとする2人の自由な歩きかたを、むののペンと笹本の写真を2人の証言とともに構成し、激しく揺れ動いた時代の人間ドラマを描いていく。

監督:河邑厚徳、プロデューサー:平形則安、撮影:中野英世 海老根務

キャスト:笹本恒子、むのたけじ


○日時  平成30年4月15日(日曜日)〜30日(月曜日)13時00分~14時31分

○料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生 ・中学生以下 1,000円/中学生以下500円


④ 『みんなの学校』 (2014年日本、106分)

不登校ゼロを目指す大阪私立南住吉大空小学校の取り組みを紹介し、第68回文化庁芸術祭大賞など数々の賞を受賞したテレビドキュメンタリーを劇場版として再編集した作品。大阪市立南住吉大空小学校。ここでは、発達障害を抱えた子、自分の気持ちをうまくコントロールできない子など、いわゆる特別支援の対象となる児童も同じ教室で学ぶ。大空小学校が目指すのは不登校ゼロ。教職員、保護者、地域の大人たちだけでなく、子ども同士も一緒になり「みんながつくる、みんなの学校」のスローガンに取り組む姿を長期にわたり取材。そこには、ごく普通の公立小学校が実践する濃密な教育の姿があった。
新学期が始まる4月に合わせて、悩めるお母さんや教育関係の皆さまに観ていただきたく上映致します!暖かな日差しのように優しい気持ちになれる作品です。

監督:真鍋俊永、企画:迫川緑、プロデューサー:兼井孝之


○日時  平成30年4月15日(日曜日)〜30日(月曜日)17時00分~18時46分

○料金 一般 1,500円/シニア(60才以上)・学生 ・中学生以下 1,000円/中学生以下500円


○場所
 シネマ・チュプキ・タバタ 〒114-0013 東京都北区東田畑2-8-4

JR山手線・京浜東北線「田端」駅北口から徒歩5分
※田端駅北口を出て右手。信号を渡り「新田端大橋」を右に直進してください。左手の「JR東日本東京支社ビル」を通過し、さらに進むとT字路になります。その手前、左側に駐輪所に続く階段とスロープが並列した通路があります。そこを降りてきていただき、降り口のところで、右手のガードをくぐると、「てんぷら二美」正面の信号があります。その信号を渡って、真っすぐ道なりに「田端駅下仲通り商興会」を進んで下さい。途中の十字路に「ほかほか大将」。さらに右手前方に「業務スーパー」の看板が見えてきます。当館は、「業務スーパー」の一つ手前のビルの1Fです。
  
○問合せ
シネマ・チュプキ・タバタ  電話・FAX03-6240-8480 
予約URL:https://coubic.com/chupki

シネマ・チュプキ・タバタホームページ: http://chupki.jpn.org/about


ページの先頭へ戻る


『かわさき春のコンサート』開催のおしらせ

 今年の春のコンサートは、プロのサクソフォーン奏者4名で結成された、Quartet『颯(はやて)』の登場です。
 2016年にメンバーの一人が代わり、グループ名を『はやぶさ四重奏団』から現在の名前に改名。リサイタルの開催、クロアチアの世界サクソフォーンコングレスに招聘されての公演など、国内外で 演奏活動を精力的に行っています。CDも出されており、「VARIATIONS]はレコード芸術史優秀録音盤に推薦されました。また4人共、様々な音楽シーンで活動しており、教育機関での講師を務めるなど後進育成にも力を注いでいます。
 当日はグループの名前の通り、颯爽と吹く風のように、かつ心に強く響く演奏をおとどけすることでしょう。皆さま、どうぞお誘いあわせのうえ、お越しください。心よりお待ちいたしております。

日時・場所

平成30年5月12日(土曜日) 14時から16時(予定)

ふれあいプラザかわさき 2階ホール  川崎市川崎区堤根34番地15
JR「川崎駅」より徒歩15分、京急「八丁畷駅」より徒歩5分

演奏曲目

 第1部 予定曲
     クラシカルサクソフォーンの颯(仮称)
     バッハ/イタリア協奏曲から第1楽章
     クレリス/序奏とスケルツォ 他
 第2部 予定曲
     情熱と民族(仮称)
     ピアソラ/リベルタンゴ
     バルトーク/ルーマニア民族舞曲 他
 *曲目については変更の可能性がございます。


出演者
 
ソプラノサクソフォーン 滝上 典彦(たきがみ のりひこ)
 アルトサクソフォーン 竹内 紗耶香(たけうち さやか)
 テノールサクソフォーン 大貫 比佐志(おおぬき ひさし)
 バリトンサクソフォーン 佐藤 広理(さとう ひろとし)

○料金 無料 (予約は不要です)

○問合せ

川崎市視覚障害者情報文化センター イベント担当  電話: 044‐222‐1611
電子メール: kawasaki-icc@kawasaki-icc.jp
関連URL: http://www.kawasaki-icc.jp/news/index.html#20180401d
川崎市視覚障害者情報文化センターホームページ: http://www.kawa
saki-icc.jp

ページの先頭へ戻る


劇団民藝公演 『ペーパームーン』 バリアフリーサポート

漂流郵便局への手紙に想いをたくす大人の男と女
ラブ・ソングにのせて贈る爽やかなロマンチック・コメディ!

○日時・場所  平成30年6月20日(水)~7月1日(日)

開演時間
13時30分開演=6月21日(木)B、23日(土)A、24日(日)B、25日(月)A、26日(火)B、27日(水)B、29日(金)A、30日(土)B、7月1日(日)A
18時30分開演=6月20日(水)A、22日(金)B、28日(木)A
ダブルキャスト出演日:A=いまむら/笹本/長木
B=金井/高木/伊木
*開場は開演の30分前、受付は1時間前からです。

終演後イベント 
☆---6月24日(日)出演者との交流会
★---6月30日(土)バックステージツアー
(各公演終了後。参加費無料)

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(新宿南口)
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア 南館7階
JR「新宿駅」新南改札より徒歩5分、南口より徒歩8分
JR「代々木駅」東口より徒歩5分
地下鉄副都心線「新宿三丁目駅」E8出口より徒歩5分

○ものがたり

熟年夫婦の英一(西川明)と桃子 (樫山文枝)は、長年の夢だった自宅カフェ開業の準備に忙しい。カフェの名前は「ペーパームーン」。しかし、張りきっていた英一が急死し、英一を頼りにしてきた桃子は呆然自失。途方に暮れていたところへ、英一の風来坊の弟・五郎が現れて、難題もてきぱきと処理していく。
しかし、五郎の如才ない働きぶりに一抹の不安を感じる桃子。さらに再婚話がもちあがったり、行方知れずの娘・梢(桜井明美)が3年ぶりに帰ってきたかと思うと結婚すると言いだしてビックリ仰天。それにつけて思いだされるのはまじめで堅実だった英一のこと。英一への想いを手紙にしたため、受取人のいない手紙を預かる「漂流郵便局」宛に投函するのでした……。
粋なせりふと意表をつく芝居づくりで定評のある佐藤五月の新作。ラブ・ソングにのせて贈る爽やかなロマンチック・コメディ。

●漂流郵便局

2013年「瀬戸内国際芸術祭」のアート作品として現代芸術家の久保田沙耶氏が考案、届け先のわからない手紙を受けつける郵便局として瀬戸内海の粟島(三豊市)に開局。

「行き場のない気持ち」「誰かに伝えたい想い」「宛先のない便り」を預かる。多い時で一日200通、のべ25,000通以上が全国から届いている。もっとも多いのは亡くなった人への手紙。テレビ、新聞、雑誌等でとりあげられ大きな話題に。

「いつかのどこかのだれか宛に手紙を出したいかた」、「いつかのどこかのだれか宛の手紙を読みたいかた」は、漂流郵便局ウェブサイトの「ご案内」をご覧ください。
http://missing-post-office.com

※劇場ロビーにて出張「漂流郵便局」を開設。届け先のわからない手紙をお預かりします。「漂流郵便局オリジナル・ポストカード」も販売します。
後援 香川県、香川県三豊市
協力 三豊市政策部産業政策課


ペーパームーン
作=佐藤五月、演出=中島裕一郎
装置=堀尾幸男、照明=中川隆一、衣裳=宮本宣子、効果=吉原 敦、舞台監督=内田潤一郎
(キャスト)
樫山文枝、仙北谷和子、伊藤ひろこ、戸谷 友、桜井明美、前田真里衣、飯野 遠、
いまむら小穂、笹本志穂、金井由妃、高木理加、長木 彩、伊木瑠里、
水谷貞雄、稲垣隆史、杉本孝次、佐々木研、西川 明、山本哲也、吉岡扶敏

○視覚に障害のあるかたへのバリアフリー・サービス

事前舞台説明会を行います。
6月24日(日曜日)12時30分~、6月30日(土曜日)12時30分~ (要予約)
無料託児サービス 土日のみ承ります。
車いす席・補助犬・点字チラシ・点字パンフレットございます。

○料金 (前売開始 5月8日火曜日)

全席指定 一般 6300円、夜チケット 4200円(夜公演全席)
U25(25歳以下) 3150円 「劇団のみ取扱い、要証明書」
高校生以下 1000円「枚数限定、劇団のみ取扱い、要証明書」

障害者手帳をお持ちのかた5700円(夜チケット4200円の席には割引はございません)
お申込みの際に「バリアフリー観劇」とお申し付けください。ご観劇当日、障害者手帳をご提示下さい。
付添者1名に限り無料、 お二人目からは障害者ご本人と同じ料金(5700円)です。

○問合せ・チケット申込み

劇団民藝 電話:044-987-7711(月曜日から土曜日の10時~18時)
E_mail seisaku@gekidanmingei.co.jp
関連URL:http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2018papermoon/
劇団民藝ホームページ http://www.gekidanmingei.co.jp/

ページの先頭へ戻る


劇場で楽しめる、スマホで聴く音声ガイド『UDCast』のご案内

目や耳の不自由なかた、そして外国のかたも一緒に楽しめるUDCast。スマホやタブレットのアプリをつかって、音声ガイドや字幕を提供しています
吉永小百合120本目の映画出演作。北の大地を懸命に生きた親子の物語『北の桜守』、“競技かるた”を題材にした少女コミックスにも関わらず、年代や性別を超えて幅広い共感を集めた『ちはやふる』の完結編となる『ちはやふる-結び』、映画ドラえもんシリーズ『のび太の宝物』、福士蒼汰主演の『曇天に笑う』など多数対応中です。
ぜひお楽しみください。

・作品は『UDCast』方式に対応した視覚障害者用音声ガイドが付いています。対応機種:iPhone、iPad、アンドロイド携帯
・ 一部Android端末には『UDcast』アプリに未対応の機種がございます。
・『UDCast』の詳細は、以下をご覧ください。http://udcast.net/


UDCast 問合せ窓口(平日10時から19時) 電話: 0120-291-088 FAX:03-5937-2233 

問合せフォーム http://udcast.net/contact/

UDCastホームページ : http://udcast.net/

ページの先頭へ戻る