top >  アタック・ミュート講座(Attack Mute technique)・・・ 中文[Chinese]  ・・ English 







押尾コータローの曲を演奏するにあたって必須の「アタック・ミュート奏」をマスターする場合、いわゆる「デコピン」の動きを基本としてバチバチ弦をはじく練習をしていれば覚えられるのではないか・・・と考え、年半以上に渡って練習を重ねてきました。


デコピンの動き
["Decopin" movement]



ある程度弾けるようになってから振り返ってみると、アタック・ミュート奏法をマスターするためには、「デコピン」を基本として動きの展開を考えるのではなく、

@ トップを叩く小指によるリズムキープ
A 親指&人差し指によるメロディー

の2つの動きを軸にして、場面に応じて手のフォームを崩しながら演奏するというパターンが基本ではないかと考えるようになりました。

従って、まず基本となる@、Aの動きをマスターすることで、より短期間にアタック・ミュート奏法を身につけることが期待できます。

そこで、アタック・ミュート奏法を覚えるための簡単な解説を作ってみました。
(2006/5/8)





アタック・ミュート
(スローモーション)

クリックすると動画が見られます。
ソニー・デジタルハンディカムの
「なめらかスロー録画」機能で撮影。






@小指によるリズムキープ

WMV形式 1.2Mb


クリックすると動画が見られます。





ステップ@ トップを叩く小指によるリズムキープ

インターネットで検索して調査したアタック・ミュートの奏法解説を読むと、小指によるトップ板を叩く動作に関しては軽視されているか、場合によっては入れなくてもよいと書かれているサイトもあります。

ここで発想を逆転して、まずリズムに合わせて小指でトップを軽く叩く動作をきっちりマスターすることがアタック・ミュート奏法習得の第一歩と考えています。

「Be Happy」の楽譜にあるアタック・ミュートの奏法解説では次のように書かれています。

『中指、薬指をパッと開くような感じで爪の甲を1,2弦(または3,4弦)あたりに軽く当てるようにし、同時に小指をボディに軽くぶつけるようにしてリズムをとります。』

この文章の後半部分を最初にマスターし、次にメロディー、最後に中指、薬指を当てる動作を覚える・・・という3段階での習得が目標です。

ここの段階では、音楽やメトロノームに合わせて自在にトップを小指で叩けるようになればよいと思います。









A親指&人差し指によるメロディー

WMV形式 1.8Mb


クリックすると動画が見られます。





ステップA 親指&人差し指によるメロディー

「翼〜you are the HERO〜」の[A]パートのように、メロディーとアタック・ミュートを連続して交互に演奏するというパターンが押尾氏の曲によく出てきます。

ここではメロディーラインの部分は親指と人差し指で弦を挟むようにしてピッキングします。ピッキングすると手がすぼまって狭くなるので、その後素早く手を開くと同時に小指でトップを「トン」と叩きます。

ピッキングの際に親指、人差し指、小指の3本がきちんと動いていれば、薬指と中指は軽く握った状態であれば、手を開く動作の際に力を入れなくとも自然と弦に当たりますので、アタック・ミュートを行うことができます。

うまく演奏するコツは、親指、人差し指、小指に軽く力を入れる反面、デコピンではじく中指と薬指はできる限り脱力して軽く曲げておくこと

わたしの場合、練習を始めた当初はデコピンを意識して中指と薬指に力を込めて「バチ!バチ!」と弦を叩く練習をしていました。今になって振り返るとこれは全く無駄な練習で、中指と薬指は脱力した状態が基本ですから、これらの指に力を入れることはかえって正しい奏法から離れてしまいます。親指、人差し指、小指さえきっちり動けばおのずからアタック・ミュートができるようになると思います。

左の動画では、ハンデ?として中指と薬指に輪ゴムをはめてアタック・ミュートの動きを殺した状態で、翼の[A]パートを弾いてみました。アタック・ミュートの「チャ!」の音がなくてもそれなりに聴こえることがお分かりになると思います。

練習法は各自工夫していただくのがよいかと思います。最終的にはメロディーと小指でのトップ叩きがリズムを乱すことなくきっちりできるようになることが目標です。

実際の演奏では、アタック・ミュートのフォームは固定されておらず、場面に応じて変化します。例えば以下のような感じです。

・メロディーを強調したい場合、中指・薬指による爪の叩きを控えめにする。手をあまり広げないようにする。

・ストローク風の音を入れたい場合、手を開く動作の際に腕を軽く振りつつ、かつ腕を軽く回転させる動作を入れる。


アタック・ミュートを含めた演奏例はこちらをご覧下さい。











番外編

パーム・ウィズ・ネイルアタッ
クとアタック・ミュートの連続技

WMV形式 1.2Mb


クリックすると動画が見られます。






パーム・ウィズ・ネイルアタック
(スローモーション)


クリックすると動画が見られます。
ソニーデジタルハンディカムの
「なめらかスロー録画」機能で撮影。

番外編 パーム・ウィズ・ネイルアタックと
       アタック・ミュートの連続技

先述の方法でアタック・ミュート奏法はだいたいカバーできるのですが、「Splash」の[B]パートでパーム・ウィズ・ネイルアタックとアタック・ミュートが連続する部分の奏法が分からず非常に苦労したので、参考にアップしておきます。

ポイントは手首の「ボン」という音と小指の「トン」という音をリズムよく刻むことです。「ボントンボン・・・」という感じになります。

蛇足になりますが、パームを強くやりすぎるとトップ板のブレーシングが剥がれたり、最悪の場合木目に沿って割れ目が走ったりします。叩く時はほどほどに・・・。



top > アタック・ミュート講座












彈的動作
[Decopin movement]





From editor: Very much thanks 田瑞海 for translating !
(2006/9/2)






アタック・ミュート
(Slower version)









@小指保持節奏

WMV格式 1.2Mb












A拇指和食指彈奏旋律

WMV格式 1.8Mb





















篇外篇



WMV格式 1.2Mb








Palm with nailattack
(slower version)








top > Attack mute 講座







When I tried to copy Kotaro Oshio's tunes, there is no one around me who taught the so-called technique: Attack Mute(finger mute)". 

There was only a few explanation on the TAB book, so I made trial and error and learned this technique by myself. I practiced Attack mute on the basis of movement so-called "Decopin(デコピン)" in Japan. 


"Decopin" movement
["Decopin" movement]



Now, looking back at my exercises, I think that the way I practiced was not that great. 

I think there are two important movements to master Attack mute.

(1) Hit the sound board constantly with your pinky 
  to keep the rhythm.
(2) Pick melody lines clearly with your thumb & forefinger. 

Therefore, to master attack mute quickly, I recommend you should practice Kotaro's tunes imaging these two movements in your head.

Performing Kotaro's tunes is so fun, that's why I try to make this website.


(2006/5/8)





Attack Mute
(slow motion)

Click!






(1) Example video

WMV 1.2Mb

Click!





◆ step (1) Hit a sound board constantly by a little finger to keep rhythm

When I searched about "Attack mute" on the Internet, I found some sites that explained you don't have to hit the sound board by a little finger when you play attack mute.

But I think the first step to master attack mute is to practice rhythm keeping by a little finger.

In the score book "Be Happy", attack mute movement is written as follows,

"Open your palm quickly and hit nails of middle and ring finger around 1st and 2nd string (or 3rd and 4th string), at the same time hit a little finger to a sound board lightly to keep rhythm." 

[Japanese text] 
『中指、薬指をパッと開くような感じで爪の甲を1,2弦(または3,4弦)あたりに軽く当てるようにし、同時に小指をボディに軽くぶつけるようにしてリズムをとります。』


I think a favorite step to master attack mute is, 

(1) first, practice the movement of rhythm keeping
  by a little finger.
(2) practice on how to pick melodies clearly.
(3) learning the movement of hitting nails.


I think if you keep beating the sound board with your pinky freely like a metronome to the music, you can go on to the next step.









(2) example video

WMV 1.8Mb


Click!





◆ Step (2) Pick melody lines clearly by a thumb & forefinger (or middle finger)

As you can see in [A] section of "Wings - you are the HERO -", a method of playing a melody lind and an attack mute in turn is performed frequently. 

To sound a melody line, sandwich strings by a thumb(bass line) and a forefinger(melody line) and picks them. A hand becomes narrow after you pick, then open your hand quickly and beat the sound board with a little finger lightly.

If you pick strings rightly, your hand becomes narrow after you pick, so when you open your hand, your nail of middle and ring finger hit the 1st and 2nd string naturally. I think it is "Attack mute".

The tip to play well is to relax the middle and ring finger when you hit the nail to the strings.


In the left video, I had a rubber band on the middle finger and the ring finger to spoil the movement of an attack mute. I tried to play the [A] section of "Wings". Though there is no "Attack mute" sound, you can see that the tune is "Wings".
 

In a real performance, a form of an attack mute is not fixed. I change the style according to the scene. For example, it is described as follows. 

* When I want to emphasize a melody line, I try not to open my hand strongly and quickly to avoid
hitting the strings with nails too much.

* When I want a stroke-like sound (like "Hard Rain"), move my arm up and down while playing attack mute.


The performance example of attack mute is here.











Extra: example video

WMV 1.2Mb


Click!






Palm with nailattack
(slow motion)


Click!

◆ Extra: a combination of palm with nail attack and attack mute technique

You can understand attack mute technique by the method mentioned above, but when I tried to copy the [B] section of "Splash", it was really hard to figure out the method of technique...to perform palm with nail attack and attack mute in turn.

The point is to keep rhythm with hitting a wrist "boom" and hitting a little finger"ton" on a sound board in turn. It sounds like "boom, ton, boom, ton ...".

Don't hit a sound board with your wrist so strong... because my friend broke the sound board while playing "Hard Rain"!





top >  アタック・ミュート講座(Attack Mute technique)・・・ 中文[Chinese]  ・・ English