BALLADS AND BLUES 1972 < アルバム紹介 < ジョージ・ウインストン < アーティスト < Home  George Winston





バラッズ・アンド・ブルース 1972



国内版

バラッズ・アンド・ブルース1972

試聴・ジャケット写真・購入はこちら

輸入版
Ballads & Blues: 1972

試聴・ジャケット写真・購入はこちら

Deland, Florida Medley
1.Highway Hymn Blues
2.Song
3.Go 'Way from My Window
4.Woods East of Deland
5.Brenda's Blues

6.Miles City Train
7.New Hope Blues
8.Theme for a Futuristic Movie
9.Rag
10.Untitled
シンプルに『PIANO SOLOS』と題されたアルバムが、TAKOMA RECORDSからリリースされたのが
1972年。ウィリアム・アッカーマンが友人らのカンパによって最初のウィンダム・ヒルを出す4年前の
こと。レーベル設立者でありギタリストのジョン・フェイエイに見出されたジョージが、彼のステージに
何度か上がり、アーティストとしての契約をして最初のアルバムのレコーディングを行って発表された
のがこのアルバムです。

 長いこと廃盤になっていたそのアルバムが、1981年にウィンダム・ヒルのLOST LAKE ARTSから
ジャケットとアルバムタイトルを『BALLADS AND BLUES 1972』と差し替えて再販されました(日本
では1985年)。

 ここに収録された楽曲のうち、“Brenda's Blues”のみがジョン・フェイエイの作品で、1曲がトラディ
ショナル、もう1曲“Theme For A Futuristic Movie”がマイケル・ロスの作品で、残る7曲が彼の
初期の作品と言うことになります。(偶然でしょうか、このレビューを書いているのは2004年2月24日、
ジョン・フェイエイが亡くなったのが2001年2月24日…)

 1曲目の“Highway Hymn Blues”を聴いて、音楽好きな人が、このリズムに自然と体が反応しない
人なんているのでしょうか?そのリズム感覚は、ジョージの紹介でウィンダム・ヒルから5枚のアルバム
『WIND DANCE』(WD-1016)、『ISLAND』(WD-1033)、『REUNION』(WD-1049)、『SHE DESCRIBES
INFINITY』(WD-1063)、『SWITCHBACK』(WD-1081)をリリースしているスコット・コッスとよく似ていま
す(スコット・コッスのデビューアルバム『WIND DANCE』は1980年、ジョージのプロデュース作品)。

このタイプの曲は“Miles City Train”や“New Hope Blues ”でも聴かれます。全体の雰囲気は
『PLAINS』とよく似てアメリカの大らかな大地を感じさせ、同朋のフィリップ・アーバーグと似たような
印象を受けるでしょう。

 ジョージの他のアルバムと比べると、幾分人気の下がるこのアルバムは、ステージで聴くことので
きるノリを体験することが出来る重要な彼のデビューアルバムなのです。ウィンダム・ヒルからリリース
されている一連の作品集で彼のファンになった方には、少々タイプの違う印象を受けるのは仕方が
無いかもしれません。それでもここで聞くことのできる彼の作品には、後のウィンダム・ヒルからリリース
されることになる、四季をテーマとした四部作や、彼の故郷を題材として製作中のモンタナ三部作の
片鱗を窺い知ることができるのです。

 彼のステージに足を運んだことのある方なら、ジョージの演奏がジャズやラグ、ブルースと言った
様々なスタイルを弾きこなすことはご存知のことでしょうが、特にストライド奏法が楽しい“ネコとネズミ”
(アルバム未収録ですが、1996年にリリースされた彼のライヴ映像『SEASONS IN CONCERT』の
中で聴くことが出来ます)や“ライナスとルーシー”などのリズミカルな曲が多いので、このアルバムは、
そんなステージのジョージが好きな人に、もっと聴いてもらいたい素朴なアルバムだと思います。

また、このアルバムは彼が最初に影響を受けたファッツ・ウォーラーのスタイルに大きく影響を受けて
おり、ジャズやスコット・ジョプリンといったピアノ・ラグがお好きな方にはお勧めの一枚です。
ジャケットには次のようにクレジットされています。
Special Thanks to the late Thomas "Fats" Waller.

 ここで紹介してたウィンダム・ヒルのLOST LAKE ARTSは、ジョン・フェイエイ、ロビー・ベイショといった
ウィリアム・アッカーマンが影響を受けたアコースティック・ギターの作品やスコット・コッスのデビュー
アルバム『STILL MOMENTS』など、ウィンダム・ヒルと契約する前からレコードデビューを果たしている
アーティスト(シャドウファクスなど)の作品たちも、このLOST LAKE ARTSから同時期に再販されて
います。
Words  tupichan・・・        ・・・

・ ・ ・


1011121314



BALLADS AND BLUES 1972 < アルバム紹介 < ジョージ・ウインストン < アーティスト < Home  George Winston