Passage アルバム紹介 < ウィル・アッカーマン < アーティスト < Home Will Ackerman





パッセージ



Passage

試聴・ジャケット写真・購入はこちら
1.Remedios
2.Processional
3.Impending Death of the Virgin Spirit
4.Pacific I
5.Bricklayer's Beautiful Daughter
6.Hawk Circle
7.Anne's Song
8.Passage
ウィルにとっては4作目、日本ではジョージ・ウィンストン『オータム』と並んでこれがデビュー作(1983年
11月28日発売)となった作品です。

アルバム中4曲が既存曲のリ・レコーディング(2、3、5、7)で残りの半分が新曲なので、日本のファンに
とってはウィルの音楽を知る意味でちょうどよいデビューになったのかもしれません。その結果、多くの人
の心に今までにないけれど、どこか懐かしくも新しい響きとして刻まれたのです。

スタイル的にはギター・ソロだった今までの作品集とは異なり、アンサンブル主体となっています。

1.ではチャールズ・ビシャラットのむせび泣くようなヴァイオリンとのコラヴォレーションで始まり、3ではダ
ン・レイターに亡き母の面影をチェロという人の声に近い楽器で語らせています。4.の瞑想的なイングリッ
シュ・ホルンはロバート・ハッバード、そして7では、これまでで唯一の共演となるピアニストのジョージ・ウ
ィンストンと感情的なユニゾンを奏でています。どの曲にも共通しているのは、ウィルのフィンガー・ピッキ
ングの優しいぬくもりがリスナーの気持ちをリラックスさせてくれるということです。

日本ではこのアルバムから“ブリックレイヤー家の美しい娘”(5)がシングルカットされました。

Words  tupichan・・・・・・・・・

・ ・ ・


101112



Passage アルバム紹介 < ウィル・アッカーマン < アーティスト < Home Will Ackerman