Mong gu Dong



江戸時代年表

江戸時代の年表を少しご紹介致します。何かのご参考になれば幸いです。ちなみに古伊万里とは関係ありません。

西暦 年号 将軍 政治・経済・社会
1600 慶長05年   関ヶ原の戦い
1603 慶長08年 家康 家康、征夷大将軍(江戸幕府創立)
1604 慶長09年 糸割符制はじまる
1607 慶長12年 秀忠 角倉了以、富士川の水路を開く
1609 慶長14年 オランダの平戸貿易始まる
1610 慶長15年 家康、メキシコに通商を求め田中勝介を派遣
1613 慶長18年 伊達正宗、支倉常長を欧州に派遣。 禁教令、全国におよぶ
1614 慶長19年 大坂冬の陣
1615 元和01年 大坂夏の陣。 豊臣氏滅亡
1616 元和02年 欧州船の寄港地を平戸・長崎に制限
1624 寛永01年 家光 イスパニア船の来航禁止
1629 寛永06年 紫衣事件。 長崎で絵踏始まるという
1633 寛永10年 奉書船以外の渡航を禁ず(鎖国令T)
1635 寛永12年 海外渡航禁止、帰国禁止(鎖国令V)。 武家諸法度を改正(参勤交代を制度化)
1637 寛永14年 島原の乱。 乱後寺請制度始まる
1639 寛永16年 ポルトガル人の来航禁止(鎖国令X)(鎖国の完成)
1641 寛永18年 平戸のオランダ商館を長崎出島に移す
1643 寛永20年 田畑永代売買を禁ず
1644 正保01年 『オランダ風説書』始まるという
1649 慶安02年 慶安の御触書
1651 慶安04年 家綱 由井正雪の乱(慶安の変)
1657 明暦03年 江戸の大火
1663 寛文03年 殉死を禁ず
1665 寛文05年 大名の人質を廃す
1673 延宝01年 分地制限令を発す
1685 貞享02年 綱吉 初めて生類憐みの令を発す(〜1709)
1688 元禄01年 貿易制限。 長崎に唐人屋敷建設
1694 元禄07年 江戸に十組問屋成立。このころ大坂に二十四組問屋成立
1695 元禄08年 荻原重秀の建議により金銀貨幣を改鋳
1702 元禄15年 赤穂浪士、吉良義央を討つ
1709 宝永06年 家宣 家宣、新井白石を登用(正徳の治)
1710 宝永07年 閑院宮家を創立
1711 正徳01年 白石、朝鮮使節の待遇を簡素化
1715 正徳05年 家継 長崎貿易制度令(正徳新令)
1716 享保01年 吉宗 徳川吉宗、将軍となる(享保の改革)
1718 享保03年 江戸町火消制度を整備
1721 享保06年 人口調査開始。 評定所に目安箱を置く
1722 享保07年 上げ米の制を定める
1773 享保08年 足高の制を定める
1732 享保17年 享保の大飢饉
1742 寛保02年 公事方御定書編修
1758 宝暦08年 家重 宝暦事件
1767 明和04年 家治 田沼意次御用人となる
1772 安永01年 田沼意次老中となる
1782 天明02年 天明の大飢饉
1787 天明07年 家斉 天明の打ちこわし。 松平定信、老中となる
1789 寛政01年 棄損令を出し、旗本・御家人の負債を免ず
1790 寛政02年 人足寄場を作る。 寛政異学の禁
1798 寛政10年 近藤重蔵ら、蝦夷地探検
1800 寛政12年 伊能忠敬、蝦夷地を測量
1808 文化05年 間宮林蔵ら樺太を探検
1825 文政08年 異国船打払令を出す
1828 文政11年 シーボルト事件
1833 天保04年 天保の大飢饉
1837 天保08年 家慶 大塩平八郎の乱。 家斉、大御所となる
1841 天保12年 天保の改革
1842 天保13年 異国船打払令を改め、薪水給与令を出す
1843 天保14年 人返しの法。 上知(地)令の失敗で水野忠邦失脚
1844 弘化01年 オランダ王、開国を勧告
1850 嘉永03年 佐賀藩、反射炉を築造
1853 嘉永06年 ペリー浦賀に来航、プゥチャーチン長崎に来航
1854 安政01年 家定 日米和親条約。 日英・日露和親条約
1856 安政03年 ハリス、下田に着任
1858 安政05年 家茂 井伊直弼、大老となる。 日米修好通商条約。安政の大獄
1860 万延01年 新見正興ら渡米。 桜田門外の変
1862 文久02年 坂下門外の変。 生麦事件。 慶喜・慶永ら幕政改革
1863 文久03年 下関事件。 薩英戦争
1864 元治01年 池田屋事件。 禁門の変。 第一回長州征伐開始。高杉晋作ら挙兵
1865 慶応01年 幕府、第二回長州征伐を令す。
1866 慶応02年 薩長同盟なる。
1867 慶応03年 慶喜 兵庫開港勅許。 京坂一帯に“ええじゃないか”が起こる。 大政奉還上表。


TOP