>>【紫外線防止対策】ルーセントパウダーで肌に良いサンスクリーン口コミ/UVケア化粧品/yh化粧品

紫外線、紫外線対策、UV,UVケア、吸収剤、化粧品、コスメ、通販、口コミ、殺菌、yh化粧品、YH化粧品

紫外線、紫外線対策、UV,UVケア、吸収剤、化粧品、コスメ、通販、口コミ、殺菌、yh化粧品、YH化粧品

HOME


このページは紫外線対策のプログラムです。

YH化粧品では特にこれからの季節、肌の大敵である紫外線から肌を守る為にUVケアについて
みなさんにご案内いたします


ルーセントパウダー 紫外線防止対策
最適なUV製品の目安を知りましょう
肌にいいサンスクリーンのご紹介♪「ルーセントパウダー

「こんにちは!
      ボク、サンスクリーンのサン君です」
「UV製品をしっかり選ぶ、コツを教えてくれますか?」
 ................................................................................
  【選び方 ステップ1】
   最適なUV製品の目安を知りましょう(その1)
  ................................................................................

「UV製品には2種類の目安が表示されているよね。
      まず、SPF(sun protection factor)」
「知ってる! 30とか50とか書いてあるアレね!
      でもその数字が何かは、よく知らないな」
「SPFの数値は、素肌でUVBを浴びた時に、
      日焼けが始まるまでの時間を1とすると、
      その何倍遅く日焼けが始まるかを表したもの。
      日本人の場合は、
      素肌で紫外線を浴びると20分くらいから
      日焼けが始まることが多いから……。
      SPF20のUV製品なら、
      20分の20倍である400分後に日焼けが始まる、
      つまり6?7時間は日焼けを予防できるんだ。
      数値が高ければ高いほど、肌への負担が大きいから、
      『適切な数値のもの』を選ぶ必要があるんだよ」

「いいけど、YH化粧品シリーズに良いのがあるのを知らないの?」
      UV製品を選ぶポイントを順を追って紹介していくね。
      次第に【YHルーセントパウダー】の良さが分かってくるよ」
肌にいい紫外線対策コスメなんだよ。
「へ〜なになに?。
      YHルーセントパウダーは、SPF20だ。
      日常生活を送る上では、最適な数値なのね」
  ................................................................................
  【選び方 ステップ2】
   最適なUV製品の目安を知りましょう(その2)
  ................................................................................
「2つめの目安は、PA(protection grade of UVA)。

      シミやシワが気になる人や、光に対して敏感な肌の人には、
      UVA防止効果の程度を表す目安がポイントになるよ。

      PAは、3ランクに分類されていて、効果の高い順に、
      PA+++(非常に効果がある)、
      PA++(かなり効果がある)、
      PA+(効果がある) となるんだよ」
YHルーセントパウダーは、PA++ね。
      日常の生活で浴びる、生活紫外線には十分対応できるのね」
  ................................................................................
  【選び方 ステップ3】
   意外と知られていないポイントもチェック!
  ................................................................................
「さっき肌への負担が大きいから
      『適切な数値のもの』を選ぶ必要がある、と言ったよね。

      それはUV製品に使われる紫外線を防止する成分に
      大きく関わってくるんだ。

      それは、
      『紫外線吸収剤(しがいせん きゅうしゅうざい)』と
      『紫外線散乱剤(しがいせん さんらんざい)』。
「吸収剤に、散乱剤?」
「そう。
      重要ポイントなのに、意外と知られていないんだよ。

      紫外線吸収剤とは、
      その名の通り、紫外線を吸収して化学変化を起こし、
      肌に届く紫外線量を減らす薬品で、
      有害な紫外線を肌に優しい光線に変換するもの。

でも、紫外線から肌を守ってくれるけど、
      その化学反応でアレルギーを起こすこともあるし、
      酸化して、逆に肌にダメージを与えることになるんだ。
      紫外線吸収剤自体が、肌に吸収されてしまう場合もあるんだよ。

      しかも、肌の角質層(一番表面の部分)の
      「日々のダメージを回復する力」をも奪ってしまうし、
      発疹や炎症を起こす原因になることもあるんだよ。

      防腐剤やタール色素といった問題が起きやすいものと
      同じ系統の化合物。
      つまり化学薬品だから毒性があり、配合量にも規制が必要で、
      決して肌に安全なものではないんだ」
「なんだか怖いね?。
      どんな成分に気をつけたらいいの?」
「UV製品の成分表示に

      オキシベンゾン(ジヒドロキシベンゾフェノン)
      メトキシケイヒ酸オクチル
      サリチル酸フェニル
      パラアミノ安息香酸エチル(PABE)  など

      ……とかいう、ややこし?い言葉が書かれていたら
      気をつけようね。
      特に、アトピーなどの人は、注意してね」
「自分が使っているUV製品の成分表示を、
      確認したくなってきたわ?」
「数値の高いものは、ほとんど紫外線吸収剤を使っているよ。
      落ちにくいから便利なんだけど、
      逆をいえば、お肌を傷める強いクレンジング剤でないと落ちない。

      紫外線の強い海や山へ行くなら仕方ないけど、
      日常的に使うものとしては負担が大きいから、
      よく確認してね」
「は?い! お店で選ぶ時にチェックしま?す!」


「次は、紫外線散乱剤について。

      こちらも文字通り、紫外線を反射・散乱させて、
      肌に入るのを防ぐもの。
化学薬品ではなく、安全な無機顔料なので、
      肌の上で化学反応は起こらないし、
      皮膚への吸収の恐れもないんだよ。

      『紫外線吸収剤』よりも、肌への負担は少なくてすむんだよ。

『紫外線吸収剤無配合』『ノンケミカル』と
      表示してある製品なら、
      紫外線吸収剤が含まれていないことを意味しているよ。
「そう言われてみれば、
      店頭に並んでいるサンスクリーン剤に
      『紫外線吸収剤無配合』と書いてあるものが
      最近グッと増えてきたように思うな。

      じゃ、どんな成分が入っていたら安心なの?」
「酸化チタンや酸化亜鉛とあればOK。
      特に、酸化チタンは毒性がなく、
      トラブルはまずないんだよ」
「同じ使うなら、やっぱり安全な方が良いよね?」
「強いて、もう1つポイントをあげるなら、
      『オイルフリー』という表示の、
      油分を含んでいないものがオススメだよ。

      本来、自分の皮脂だけで保湿がうまくいくように
      お肌は作られているんだ。
      それなのに、必要以上の油分を顔に与えたりすると、
      自分で分泌できなくなったり、
      ニキビや湿疹・炎症を起こすことになるんだ」
「どれどれ、YHルーセントパウダーの成分を見てみるね。
 ▽ YHルーセントパウダーの成分

ほら、見て!
      紫外線散乱剤の、酸化チタンを使用。
      保湿性を高めるためでもオイルは使わず、
      褐藻エキス・甘草エキスを使っているわ。

      こうしてみると、
      YHルーセントパウダーはホントにスグレモノだね?。

      サン君、いろいろ教えてくれてありがとう!」

管理人エリフクも実際にYHルーセントパウダー使ってみました。
YHルーセントパウダー口コミの効果、感想・体験談はこちらから

YHルーセントパウダーは本当にオススメですよ。愛用中です!
肌に安心で、カバーパウダーとして下地無しでつけられるのでファンデーションがいりません。
保湿をアップさせるためにローションと一緒にお使いになることをオススメします♪



YHルーセントパウダーご購入や詳細は↑こちらからどうぞ♪