CD・DVD試聴&購入記録



♪2007年 3月 アルバム

●YOSHIKA 「timeless」


(2006/01/18)


●手嶌葵 「春の歌集」 評価:B+




レビューはこちら


●水樹奈々 「THE MUSEUM(DVD付)」 評価:A−


(2007/2/7)

人気声優として名高い水樹奈々のデビューから最新シングルまでを収録したシングルベストアルバム。声優歌手というと、未だにそれに対する世間的な偏見が強いが、彼女にはそういった偏見を持つ人々が抱きがちな「アニメ歌手、萌え系」要素は全くなく、メジャーシーンでも十分に通用するポップス、ロックをやっている。昔「のど自慢大会荒らし」と呼ばれ、堀越高校在学時には演歌歌手を志していただけあってか、歌っているときは声優をしているときの「萌え声」とは違い、歌の基本がしっかりとしていることが分かる明瞭で力強く憂いを帯びた伸びやかな歌唱を存分に聴かせる。かなり上手い。3曲目のような煌びやかなシンセサウンドひしめくアップテンポの曲やややハード目の曲において存分にその歌唱が映える。
(楽曲にちょい90年代のエイベックス色を感じるのに少し懐かしさを感じてしまったが・・・。

シングルベストということもあり、収録されている楽曲は軒並み上々。歌手として成功をおさめているのも納得の出来だ。ただ、シングルコレクションということもあってか、彼女が得意としているであろう同じタイプの楽曲が多かったのが気になったところ。今作で初めて彼女の楽曲をきちんと聴いたのだが、今作よりもオリジナルアルバムのほうが良いかも、と期待を持たせるような作品だ。(2007/03/03)


●HIGH and MIGHTY COLOR参(初回生産限定盤)(DVD付) 評価:E 




レビューはこちら


●安藤裕子 「shabon songs(初回限定盤)(DVD付)」 評価:C−




レビューはこちら


●木村カエラ 「Scratch」 評価:B−




レビューはこちら


●大鴉 「Seeds of Rain」 評価:AA




レビューはこちら


●JYONGRI 「Close To Fantasy(DVD付)」 評価:A




レビューはこちら


●mink 「Shalom」 評価:D




エイベックスがかねてから「それなり」に力を入れて売り出していた歌姫、minkの1stアルバム。デビュー当初から素晴らしい歌唱力が注目されたが、それに反しずっとパッとしていないのは、彼女の楽曲史上最高のタイアップ元となった「蒼き狼〜地果て海尽きるまで」の「大コケ」だけではないだろう。今作を聴いてそう強く感じた・・・。

何はともあれ、名目上は1stアルバムとは言え、その収録曲の殆どが既にミニアルバムとして発表された作品の収録曲の使いまわし・別編曲のものばかり。今作がmink初体験であればいいのだが、そうでない私にとっては新鮮味や意外性は0。別に彼女に限ったことではないが、相変わらずのエイベックスセコ商法にはうんざりする。こういうやり方はアーティストにとって何ら利とならないことをいい加減この会社はわきまえるべきだ。

ただ、そういった「歌い手とはかかわりのない問題点」を差し引いても、今作の出来は良いとは全く思えない。
まあ、上記理由もあるのだろうが、終始ゆったりとしたスケールの大きなバラードばかり。9曲目程度の曲が今作で一番のアップテンポナンバーになってしまっていることが今作のダメっぷりを示している。また、彼女の、倖田來未をハスキーにして深みを増したような声質と歌唱力は良いのだが、歌いまわしは終始単調でたるさが否めない。楽曲・歌唱共に海外のポップス作品にありがちな「終始ダレダレ」パターンを完璧に踏襲していて聴いていて辛い。1曲1曲バラで聴けばそれなりの良さを感じるものの、楽曲構成に関しては「論外」との感想しかない。ただただ愚か。JYONGRIの作品で思い切った潔さを見せた東芝の三宅プロデューサーを見習ったらどう?

アーティストを育てるのがほんと下手だな、ここは。


●Tommy heavenly6 「Heavy Starry Heavenly」 評価:B




レビューはこちら


●タイナカサチ 「Dear...」 評価:C−




レビューはこちら


●島谷ひとみ 「PRIMA ROSA(DVD付)」 評価:D




レビューはこちら


●いきものがかり 「桜咲く街物語」








♪2007年 3月 シングル

●洋奈 「It was yesterday」




レビューはこちら


●ナナムジカ 「心音」 ★★




デビュー当初はかなり期待していたものの、今やその思いは殆ど消え去っているナナムジカのニューシングル。今作こそはと思ったが、彼女らに対する負の評価を促進させただけであった。音楽エリートにありがちな面白みに欠ける曲調・曲構成と、それに乗っかる固すぎる西島の歌唱は聴いていてかなり辛い。





♪2007年 3月 洋楽・HR・HM その他

●Cheyenne Kimball  「The Day Has Come」 評価:A+




レビューはこちら


●「MAX BEST」





●CUP NOODLE CM SONGS COLLECTION








♪2007年 3月 DVD







月別記録一覧に戻る




エンタメ問答に戻る