CD・DVD試聴&購入記録



♪2007年 1月 アルバム

●植村花菜 「しあわせの箱を開くカギ」 評価:AA




レビューはこちら


●OLIVIA 「The Cloudy Dreamer(DVD付)」 評価:AA




レビューはこちら


●KOTOKO 「UZU-MAKI(初回限定盤)(DVD付)」 評価:A− 




レビューはこちら


●北出菜奈 「I Scream」




●NANA starring MIKA NAKASHIMA(中島美嘉) 「THE END」 評価:D




映画「NANA2」の勢いを駆って大ヒットへと結びつける算段で畳み掛けるように送り込んだであろう「最初にして最後の作品」である今作。しかし、映画の失敗や今作の冴えない(遺影みたい)ジャケが象徴しているように、何とも魅力に欠ける作品になったとしか思えない。

豪華製作陣を起用しているもののいかにもそれっぽい雰囲気を出しているだけ。中島の元来の技術のなさ・気迫のなさとシングル曲を除く中途半端で急ごしらえで軽すぎる曲との合わさりは、およそロックともパンクともかけ離れた温くて迫力にも鋭さにも欠ける「なんちゃってハードポップ曲」を生み出したに過ぎない。あまりに貧弱でつまらない作りだ。
原作での「セックス・ピストルズ(及びシド・ビシャス)をリスペクトしている」との設定から大幅にかけ離れた音楽性を見せていることもさることながら、それ以上にボーカルの中島に、この手のジャンルの曲を歌うだけの技術も魅力も、それ以前の段階の「適性」がないという事実をも無視して歌わせ続けたことの弊害が一気に爆発したという感じ。

しょうもない商業主義をあからさまに見ただけの作品。業界には最低限のモラルもないのか?


●奥田美和子 「君を想う」




●スピッツ 「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」





●倖田來未 「Black Cherry」 評価:E




レビューはこちら





♪2007年 1月 シングル

●愛内里菜 「薔薇が咲く 薔薇が散る」





●宇浦冴香 「Tears~涙は見せたくない~」




レビューはこちら


●秦基博 「シンクロ」








♪2007年 1月 洋楽・HR・HM その他

●Elis 「Griefshire」 評価:AA




レビューはこちら





♪2007年 1月 DVD

●平原綾香 「LIVE TOUR 2006 “4つのL”at 日本武道館」 (2006年)





●岩田さゆり 「First Scene~岩田さゆり 1st Visual Collection~」 (2006年)





●島谷ひとみ 「HITOMI SHIMATANI CONCERT TOUR 2004 追憶+LOVE LETTER」 (2004年)











月別記録一覧に戻る




エンタメ問答に戻る