ストローリングキット(ベビーカー)

大阪の「プランニングスペース タルタ」様他のご協力により、本国からの取り寄せをして頂きました。

フロントタイヤがないので乗り降りしやすい! 

子どもの靴が17cmですので、タイヤの直径は20cmぐらいです。

購入前は、もっと情けないスタイルに見えると思ったのですが、
実物はなかなかカッコイイです。

定員外なのですが、後ろの荷室にも横向きに一人乗れます(^^)
大きな子なら、立ち乗りも可能です。

これから幼稚園に出発です! →

トラヴィックと並べてみました。

うーん、どことなくMMCの「スマート」に似ているような...
目と口を描くともっと似るのかなぁ。

直進性も悪くなく、快適な操作性です。

取り付けは簡単でした。両輪合わせて30秒未満で付きます。
フォーク(!?)は削りだし(というより、レールを切った物?)で頑丈です。

ハブにはスケボー用のベアリングが装備されており、驚くほどに軽く回ります。
ヨー方向の動きもしっとりスムーズで、ベビーカーのような「ジャダー
(タイヤがガクガク左右に振れる)」は出ません。

ホイールベースが短いのですぐウイリーしてしまうのではと
懸念していましたが、その心配も全くありません。

しつこいようですが、とにかく快適です。一般的なベビーカーと比較すると、
操作性は車で言えば「軽と2000ccクラス」ぐらい違います。

並べてみました Part2

横から見ると、全長はトラヴィックのフロントドアと同じぐらいのようです。

ジョギング用のタイヤを付けてみました。

小さいタイヤは、邪魔にならないよう上下逆に付けておくこともできます。
(メーカーのサイト参照)

もちろんジョギングキットの方が、直進性はいいです。
しかし、ジョギングキットはアライメント(タイヤの取り付け角度の微調整)
をしないと、しっかり直進してくれません。 
小さいタイヤはフリーに動くので、その面倒がありません。

床下の高さにもご注目ください!

ジョギング用のフロントタイヤを付けると、小さいタイヤは地上から1cm
ぐらいは浮いています。 整地されていれば、このままでも使えます。
とはいえ、この形態に合ったシチュエーションは思い浮かびませんが。

ん? ということは、トレーラーのときもこのまま使えるということですね。

床下はこれぐらいの間隔がないと、足が当たって歩きにくいです。

収納の様子

オオ、乱暴な入れ方だ!

4輪モードの時は、屋根だけ畳めばタイヤは取らずに収納できます。
ちなみに、この時セカンドシートは目一杯後ろにスライドさせています。

この際タイヤをロックしておけば、タイヤを両手で持って簡単に積み込めます。

小さい車椅子ぐらいのサイズになりました。 これでどこでも行けそうです。 
実際、地方の小さい郵便局の中/CDコーナーでも、問題なく動けました。
ジョギングに使用しないのであれば、断然ストローリングキットをお勧めします。

戻る